50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
08/24

会社帰りに使える!副業がはかどる東京のレンタルオフィス②利点とおすすめの紹介


副業・複業、兼業、フリーランスや個人事業主など、多様な働き方に合わせてリモートワーク(在宅勤務)が可能な求人も増加しつつあります。これからフリーランスで働きたい方、副業や兼業を始めたいと思っている方にとっても、仕事を行う場所の確保が重要ポイントのひとつだと言えるでしょう。

前回は仕事を効率良く行える場所として時間貸しスペースをご紹介しました。

会社帰りに使える!副業がはかどる東京のレンタルオフィス①時間を決めて使うコワーキングスペース

「会社帰りに使える!副業がはかどる東京のレンタルオフィス」シリーズの第2回は、レンタルオフィスの利点とおすすめを紹介していきます。

レンタルオフィスとは

レンタルオフィスとは、ビルのオーナーから、事務所として仕事をする場所を借りるオフィスのことです。貸事務所と大きく異なる点は、最初から業務に必要な椅子・机・情報機器等(電話やインターネット等)が設置されているため、契約してすぐに業務が可能な点です。

貸事務所と違って、不動産会社の仲介なしで借りられるので、敷金・礼金や仲介料が不要で、初期費用はほとんどかかりません。また、月々のレンタル料金も貸事務所に比べると格安なので、コストを抑えつつ仕事場を持てるのが魅力です。

レンタルオフィスはこんな時に便利

レンタルオフィスには、受付の方が電話代行してくれる秘書サービスをおこなっているところもあるので、不在中の対応も心配ありません。
在宅勤務や貸事務所で1人で仕事をする人は、離席や留守中の訪問者や電話に対応できないこともあるでしょう。また、本業の仕事をしている場合は、副業のクライアント様から電話がかかってきても出られないこともあります。

また、クライアント様と電話でのやりとりが多い仕事の場合、自宅だと気が散ってしまい電話に集中できないこともあると思います。レンタルオフィスであれば、家族の目を気にすることなく電話に集中できます。

その他の利点として、レンタルオフィスを利用することで自分専用の仕事スペースを持っていることが開業条件である業種(税理士、有料職業紹介所、宅地建物取引業など)の許認可を取得することも可能です。

レンタルオフィスのご紹介

首都圏には多くのレンタルオフィスがあるので、自分に合った場所を見つけると良いですね。ほんの一部ですがいくつかご紹介します。

*スマホは横にしてご覧ください。

場所 名称 月額料金 形態 特徴
渋谷 Co-ba shibuya 15,000円 シェアオフィス 会員は24時間利用可能
六本木 アカデミーヒルズ六本木ライブラリー 9,000円 会員制ライブラリー 営業時間7:00~24:00
新橋 BIZMARKS新橋 10,500円
19,000円~
シェアオフィス
レンタルオフィス
会員は24時間利用可能
上野 Ueno Your 5,000円
35,000円~
フリーデスク
レンタルオフィス
多様な働き方に合ったプラン
銀座 リージャス銀座三丁目ビジネスセンター 要問合せ レンタルオフィス ラウンジメンバーシップ付与

 

シェアオフィスとレンタルオフィスの違いは、固定の(自分専用の)机があるかないかと思ってよいでしょう。個室やパーテーションで仕切られているのがレンタルオフィス、フリーアドレスで好きな席で仕事をするのがシェアオフィスです。

利用時間も様々で、早朝から深夜まで利用可能なところや24時間利用、年中無休というところもあります。
サービスはどこも同じような内容ですが、上野の「Ueno Your」は、週末起業A、B、Cなど多様な働き方に応じてプランが用意されているのが特徴的です。

来客の打ち合わせが多いなら、「リージャス銀座三丁目ビジネスセンター」のように、無料で利用できる会議スペースが完備されていると便利です。
また、主要ビジネス街へのアクセスが良く便利なロケーションを選び、来訪者が訪れやすく、自分も動きやすい場所というのも選ぶポイントになります。

まとめ

多種多様な働き方ができるようになった今、ビジネスの拠点としてレンタルオフィスのニーズは高まっています。また、働き方に応じた様々な形態やサービスも増えてきました。これから副業・複業を始めようとしているミドル・シニア世代の方で、自宅で仕事に集中する場所の確保が難しいという方は、レンタルオフィスを利用し、活動拠点にすることを検討されてみてはいかがでしょうか。

次は>>

会社帰りに使える!副業がはかどる東京のレンタルオフィス③会議室が利用できる