新しいキャリアを見つけたいミドル・シニアの 仕事・副業探しサイト【キャリア50】

お問い合わせ
2018
12/07

「人生の選択肢を増やす」複業・副業の手引き


リンダ・グラットン著の『ライフ・シフト』が発売されて以降、人生100年時代という概念が定着しつつあります。長い人生における「働き方」は、この先どのように変わっていくのでしょうか。今後予想される働き方に関連する変化、そしてその中において求められる人材像について、ご紹介したいと思います。

キャリア50-90

働き方が変わる背景
従来は、一つの仕事を勤め上げるという生き方が主流でした。人生が長くなると同時に働く期間も伸び、AIなどの技術革新により代替される仕事も増えるので、今の仕事を一生やり続けられるとはかぎりません。物質的な豊かさが幸福の尺度になっていた時代は終わりつつあり、自分のやりたいことを実現させる過程そのものに価値を見出す方向に、シフトしていくとも見られています。

複数のキャリアを形成する時代
技術の進歩により比較的短いスパンで大きな変化が起こる今、10年先の未来を予測することは困難になってきています。この状況の中、生き残っていくために必要なのは、将来における自分の選択肢を増やすことを念頭に、キャリア形成していくこと。現在の本業に関連した分野から複業を始めるなどして、自分のスキルや知識に磨きをかけ、選択肢を広げていくことで、比較的低リスクで新しいキャリアを形成していくことができます。

今後求められるBTC人材とは?
これまでビジネスパーソンの能力は、「ビジネススキル」と「専門性」という2軸で評価されてきました。変化が大きく、確実性の見えない今後のビジネスの世界においては、経営的な視点の「ビジネス(B)」、専門性の「テクノロジー(T)」、そしてデザイン思考の「クリエイティブ(C)」からなるBTCの3軸に優れた人材が評価されていくと考えられています。

クリエイティブな思考は、デザイナーやクリエイターだけに必要なスキルではありません。長い人生を視野に入れた自分のキャリア設計の際にも、新規事業の構想を練る際にも、非常に重要なカギとなるスキルと言えます。BTCを身に付けたビジネスパーソンは生き残る確率が高いといえるでしょう。

人生を豊かにしながら、更なるキャリア形成も可能にするBTC型人材。広い視野と構築力を持つBTC型人材に近づくために、まず本業に近い分野から副業を始めてみるのはいかがでしょうか。次の目標を定めて経験値を増やすことで、ビジネスパーソンとしてはもとより、人生の選択肢を増やすことができるはずです。