50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
02/02

50代専業主婦必見!今さら聞けない仕事探し基本のキ〜求人探し編〜


「長いこと専業主婦をしていたから、仕事が見つかるか心配…」
「今の時代、仕事ってみんなどう探しているの?」

子どもも独立したし、何か仕事を始めたいという50代の方も多いのではないでしょうか。ここでは、仕事をしたい50代専業主婦の方のために、仕事探しの基本をご紹介します。今回は、求人探し編です。

50代向けの求人はどこで見つける?

年代を問わず、近年多くの人たちが求人を探す際に活用するものには、次のような方法があります。

・インターネット検索
・知り合いの紹介
・ミドルシニア層の支援を専門とする人材紹介(派遣)会社の活用

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

インターネット検索

今や私たちの生活と切っても切り離せないインターネット。「エリア名 パート」「エリア名 主婦 仕事」などで検索すれば、たくさんの求人を見つけることができるでしょう。

求人をみる際にチェックしたいのが、「ブランクOK」や「50代歓迎」の文字があるかどうか。また、もし求人情報に実際に働いている人たちの写真があるのであれば、自分と同年代の人がいるか確認してみましょう。パートタイマーとして働くことを希望している場合は、どのくらい自分と同じ立場の人たちがいるのかも大切です。

これらを見ることで、50代のブランクのある女性を職場として受け入れるのに慣れているかを見極めることができます。

知り合いの紹介

入社前に得られる情報が限られるインターネット上の求人と比較して、知り合いの紹介による入社は安心感があります。第三者からの推薦ということで、一般の選考よりも話が進みやすい場合もあるようです。また、入社後も共通の知り合いがいるという状態は、会社側と求職者側のどちらにとっても信頼関係を築きやすいでしょう。

ただしやっぱり合わなかったというときは、知り合いの存在があるからこそ辞めにくいという注意点も…。事前に話をしっかり聞き、疑問点を解消した上で入社を決めましょう。

人材紹介(派遣)会社の活用

登録することで、その人に合った求人を紹介してくれる人材紹介(派遣)会社。転職エージェントとも呼ばれています。多くの場合、求職者は無料で登録できます。

カウンセリングから仕事探し、応募書類の作成アドバイスから面接・面談対策まで、一連の仕事探しをサポートしてくれる人材(派遣)紹介会社。大小様々な会社があるので、どこに登録しようか迷ってしまうでしょうが、50代の方ならミドルシニア層の支援を専門とするところを選びましょう。最近では主婦の再就職に力を入れている会社も多いです。

逆に自分に合わない会社を選んでしまうと、仕事を紹介してもらえないなど手厚いサポートを受けられない可能性が高いでしょう。

ブランクのある50代向けの求人はたくさんある

ブランクの長さから仕事を見つけられるか心配な50代専業主婦の方は、今回挙げた方法を組み合わせることで、想像以上に多くの仕事と出会えるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

次回は、50代の専業主婦が気をつけたい履歴書の書き方をご紹介します。