2021
09/15

早期退職勧告を身近に感じたら…不安よりもやっておいた方がいいこと〜50代からのちょっとワガママな生き方~Vol.68〜


肩たたき 早期退職 リストラ

「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

こんにちは。ひろ子ママです。

ニュースや雑誌などで「早期退職」についての話題を目にする機会が増えてきていますよね。「もしかしたら私の会社でも……」と不安に感じることもあるかもしれません。そう感じた時に、心配するよりもやっておいた方がいいことについてお伝えします。

いくら不安を感じても、悩みは解決されない

身近で早期退職勧告の話題を耳にするようになった時、不安を感じることがあるでしょう。そして、寝る前に「早期退職勧告されたらどうしよう」「会社がリストラを始めたらどうしよう」と考えても、不安がなくなることはありません。逆に、不安がふくらみ、寝られなくなってしまって逆効果です。まだ起こってもいないことに対して心配しても、暗い気持ちになるだけで何もいいことがありません。

準備をやっておいて損はない

「早期退職勧告」に対する不安は、放っておいても消えることがありません。そこで、まずは「不安」の原因は何なのか探ってみましょう。

もしも、早期退職勧告された時、何が不安なのか?

・収入が途絶えるのが不安

・再就職先が見つかるかどうか不安

・改めて自分のキャリアに自信が持てなくなって不安

不安の原因が分かったら行動を

「どうしよう」と心配な思いにさいなまれているだけより、行動をして少しでも不安を減らしていきましょう。不安は完全に消えることはないとしても、行動することで気持ちがラクになるはずです。

・収入が途絶えるのが不安だったら→次の就職について考えてみる

・再就職先が見つかるかどうか不安だったら→再就職先を検索してみる

・改めて自分のキャリアに自信が持てなくなって不安だったら→自分のこれまでのキャリアについて書き出してみる

行動してみると、そこから新たな不安が出てくるかもしれませんが、またそこから次の行動を起こしてみればいいだけです。

現在、働いている業界の将来性が見えなかったら……

・別の業界について調べてみる

・別の業界で、自分の価値をどう活かせるか考えてみる

感じていた不安も行動していくことで、「こんな可能性がありそうだ」と希望に変わっていくこともあるでしょう。行動したことで、別の業界に興味が湧いて自ら転職を決意する人もいるかもしれません。

何かに対して、まったく不安がないという人はほとんどいないと思います。ただ、何かしら次の行動を起こしていくことで、不安を少なくすることはできると思います。「早期退職勧告を身近に感じたら」……まずは不安の原因を探って、一歩踏み出してみましょう。

 

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

 

▶ひろ子ママのこれまでの記事はコチラ

ひろ子ママ(ホワイトver.)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver.)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/

 


仕事を探す
会員登録