50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2021
02/17

シニアでも安心!おすすめのビデオチャットサービス4選を一挙紹介


新型コロナウイルスの影響で人と会うことができず、閉塞感を抱いている方は多いのではないでしょうか。

そんなときに役立つのが、スマートフォンまたはパソコンを使ったビデオチャットです。

顔が見えるビデオチャットなら、遠隔でも家族・友人と気軽に話をしたり、食事やお酒を一緒に楽しんだりする気分を味わえます。

本記事では、シニアにおすすめのビデオチャットサービスを4つ紹介していきましょう。ぜひ参考にしてくださいね。

Zoom

Zoomはいまやビデオチャットの代表例とも言えるツールです。

無料登録でも1対1なら無制限、3名以上でも1回40分まで利用することができ、回数制限もありません。

また招待を受ける側は、共有されたミーティングIDを入力するだけで参加できるため、操作はかなり簡単。

パソコンやスマートフォンの操作が得意な相手に設定を任せれば、ITはちょっと苦手という方でも十分に楽しめます。

LINE

LINEは文章のやり取りや通話だけでなく、ビデオチャットをすることも可能です。グループをつくれば、お互いに顔を見ながら会話を楽しめます。

利用者も多いため、スムーズに人を集めることができるでしょう。

もちろん利用は完全に無料(データ通信料は別)。操作も直感的にできておすすめです。

Skype

Skypeはビデオチャットの先駆けともいえるサービス。パソコンはもちろん、スマートフォンからも利用ができます。

最大50人での会話ができるのも嬉しいポイントといえるでしょう。

難点としては、スマートフォンのアプリを利用する場合、マイクロソフトのアカウントが必須なことです。アカウントを持っていない人には、事前に登録をします。

Face Time

FaceTimeはアプリのインストールが不要で、ほかのサービスと比べても抜群に操作がしやすい無料ビデオチャットです。

ただし利用できるのはApple製品のみ。Androidでの利用はできません。

ご自身がiPhone、iPad、Macを使っていて、家族・友人にもAppleユーザーが多いのであれば、イチオシのビデオチャットといえるでしょう。

画質・音質も優れているうえに、最大32人との同時接続ができます。

ビデオチャットで日常に活気を取り戻そう

「リスクを回避するためにも、ステイホームをしなければならない」

そうはいっても、人と会わない日が続けば、気分が落ち込んだり毎日が退屈に感じられたりといった弊害もあるでしょう。人とのつながりがあってこそ、生活が活気づいてくるものです。

その点、オンライン上でやりとりをするビデオチャットなら、濃厚接触を避けつつコミュニケーションを取ることができます。いまのご時世にぴったりのサービスといえるでしょう。

ぜひビデオチャットを利用して、活気のある毎日を送ってくださいね。