50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2021
03/17

ビヨンド副業とは?仕事内容の例・具体的なはじめ方・注意点を解説


これまでにない新しいワークスタイルのひとつとして、現在「ビヨンド副業」が注目を集めています。

居住地域に縛られないビヨンド副業は、従来の副業と比べて仕事の選択肢が多く、これから副業をはじめたいという副業初心者の方にもぴったりです。

そこで本記事ではそもそもビヨンド副業とは何か、どのように始めるのかをくわしく紹介していきます。

またビヨンド副業をするうえでの注意点も解説しているため、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそもビヨンド副業とは?

英語の「ビヨンド」には「〜を越えて」あるいは「〜の向こうに」といった意味があります。

つまりビヨンド副業とは、都市に住んでいる人が物理的な距離を越えて「地方で行う副業」のことを指すのです。

例えば平日は東京の会社で働き、週末になったら地方へ出張したり。副業をするときはオンラインで地方企業とのやり取りをしたり。

リモート技術の発達で都市と地方での仕事の格差が少なくなったこともあって、現在はこのような働き方が増加傾向にあります。

ビヨンド副業なら居住地域に縛られることなく、自分のスキルを必要としている企業のために活かすことができるでしょう。

出身地の地域活性に貢献したいという方にもおすすめの副業形態です。

ビヨンド副業の仕事内容

ではビヨンド副業の仕事内容には、具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

下記はその一例になります。

  • マーケティング業務
  • SNSを活用したプロモーション活動
  • スタートアップ企業のサポート
  • コンサルタント
  • エンジニア
  • コールセンター

このように基本的には、時間・場所に縛られることのないオンライン完結の仕事が主流。

パソコンやスマートフォンがあれば、タイミングを選ばずに、無理のない範囲で作業を進めることができます。

出張も必要最低限に抑えられるため、労力と時間の浪費を防げるでしょう。

ビヨンド副業のはじめ方

ビヨンド副業で最も多いパターンは、地方企業からの業務委託です。

働き手を探している企業を探すためには、既存のサービスを利用するのが便利。

例えばスポットコンサルに特化した「ビザスク」なら、登録することで最適な企業とのマッチングをしてくれます。

その他にも複業したい人をサポートする「Another works」や、地方貢献複業プロジェクトの「Skill Shift」、地方企業に特化した「JOINS」などのサービスがあり、いずれも無料での利用が可能です。

これらのサービスを利用すれば、地方に特別な人脈がなくても、スムーズにビヨンド副業をスタートすることができるでしょう。

ビヨンド副業をする上での注意点

ビヨンド副業をする上での注意点として、まず挙げられるのが本業に支障をきたさないことです。

就業時間中に作業を進めたり、副業禁止であるにもかかわらず黙って副業をはじめてしまうと、最悪の場合には減給などのペナルティが課せられる可能性もあります。

また副業が忙しすぎて睡眠時間を削ったり、体調不良を起こしてしまっては元も子もありません。

特にビヨンド副業をはじめたばかりのころは、生活リズムを大きく変えてしまうと体が適応できず、継続自体が難しくなってしまうでしょう。

まずは無理のない範囲ではじめて、少しずつ作業量を増やしていくことをおすすめします。