新しいキャリアを見つけたいミドル・シニアの 仕事・副業探しサイト【キャリア50】

お問い合わせ
2019
09/02

50代会社員が新しいキャリアを見つけるための3ステップ


50代会社員が新しいキャリアを見つけるための3ステップ
柔軟な働き方が認められるなか、今後の方向性を考える50代の方は少なくありません。新しいキャリアを検討しつつも、見つける方法が良いか 分からないと悩む人も多いはずです。そこで今回は、新しいキャリアを見つけるための3ステップをご紹介します。今後の働き方を見つめ直したい50代の方は、ぜひ参考にしてみてください。

50代会社員が新しいキャリアを見つけるための3ステップ

50代会社員の方が新しいキャリアを見つけるためには、次の3つを心がけましょう。

  • 自分が培ってきた経験やスキルを知ろう
  • 自分の力で貢献できる仕事を探そう
  • 理想の暮らしから逆算して自分にあった働き方を選ぼう

それぞれの内容を、わかりやすく解説します。

自分が培ってきた経験やスキルを知ろう

これまで培ってきた経験やスキルを把握するのが大切です。他人より優れている能力を活かして、新しい選択肢を見つけられるかもしれません。自分の強みを探したい場合は、取引先や社内から褒められることに目を向けてみるのも1つの手です。自分のスキルの高さに気づけていない可能性もあります。また、社内では当たり前の技術も、社外では特別に思われるケースも珍しくありません。今までの会社員経験を振り返り、自分の武器を把握しておくのがおすすめです。専門知識や特別な経験を活かして、自分に合った仕事を選びましょう。

自分の力で貢献できる仕事を探そう

新しいキャリアを見つける際は「何に貢献できるか」を考えると良いでしょう。社会に貢献したいのであれば、NPO法人や非営利団体に所属してみるのも方法の1つです。企業に貢献したいなら、今まで培ったビジネススキルを活かしてスタートアップ企業のアドバイザーとして活躍できるかもしれません。自分が貢献できる分野や、力を発揮できるポジションを探してキャリアを選ぶのがおすすめです。即戦力として活躍できる可能性があります。

理想の暮らしから逆算して自分にあった働き方を選ぼう

新しいキャリアを見つけるときは「新しい働き方」を検討するのも有効的です。柔軟な働き方が徐々に認められ、個人のワークスタイルも多様化しています。転職だけでなく、独立から起業まで選択肢はさまざまです。今後はワークスタイルがライフスタイルに直結するといっても過言ではありません。「どんなシニアライフを送りたいか」を考えて、将来像から逆算して検討してみると良いでしょう。理想の暮らしをするために、自分に合った働き方を選択するのがおすすめです。

自分のスキルを活かすのがキャリアを見つける最大の秘訣

50代の会社員が新しいキャリアを見つける際は、自分のスキルを活かすのが最大の秘訣です。過去に培った豊富な経験や知識を、新しい仕事に役立てられます。仕事を探す際は「何に貢献できるか」を考えて選ぶとよいでしょう。自分の強みを活かせるような、今までにない選択肢が見つかるはずです。理想の暮らしを実現するために「自分に合ったワークスタイル」も検討し、新しいキャリアを見つけてください。