50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2021
01/20

新しいことにチャレンジしたい!50代からの勉強、大切なことは何?


80歳まで働くと考えると、50歳でもあと30年あります。今までであればあとは引退を待つだけでしたが、今はそのような時代ではありません。また一つの会社にずっと勤めるという時代でもないので、50代で独立したり転職したりすることも珍しくないでしょう。

そのため50代であっても勉強をした方がよいですし、実際に勉強したいという人もいるはずです。では50代で勉強する際に大切なことは何でしょうか。この記事では、50代から勉強したい人のために大切なことを紹介します。

50代で勉強する方法は?

50代で勉強したいとなった時に、どのように勉強をはじめたらよいでしょうか。ここでは4つの方法について紹介します。

1.スクールに通う

勉強するとなればスクールに通うという方法があるでしょう。たとえば英会話であれば、英会話スクールがありますよね。スクールに通う場合、時間が決まっていますので、勉強の習慣化がしやすいというメリットがあります。勉強を習慣化するのが苦手な人にとってはよいでしょう。

2.オンライン講座

自宅で勉強したいという方はオンライン講座がオススメです。オンライン講座はさまざまな種類のものが出ています。英語もオンラインで学習できます。オンライン講座といってもただ動画を見るだけでなく、ZoomやGoogle Meetなど双方向のやり取りがあるオンライン講座もありますので、自宅で勉強したいという方にはよいでしょう。

3.セミナー

長期間学びたいというのではなく、最初のポイントだけ学びたい場合にはセミナーもオススメです。1回のセミナーで勉強したい内容のポイントがわかれば、後は独学で勉強することもできます。

最近ではオンラインでのセミナーもありますので、自宅からも参加できます。まだ本格的に勉強するかどうか迷っている人も、まずセミナーに参加してみてどんなものか判断する材料として使うこともできるでしょうね。

4.独学

勉強したいと思った時に独学でするのも一つの方法です。本やテキストがたくさん出ていますから、自分で購入して勉強することは可能です。ただし独学は続けるのが難しい人もいます。自分で勉強時間を確保して続けられる人にとっては、独学はお金もあまりかからず、非常にコストパフォーマンスがよいと言えるでしょう。

50代で勉強する際に大切なことは

50代で勉強する際に大切なことは何でしょうか。ここでは4つの大切なこと紹介します。

1.質問は恥ずかしがらないでする

若い頃は自分のわからないところを簡単に質問できますが、50代になるとなかなか質問できない人もいるようです。わからないことが恥ずかしいというのが原因です。しかし誰でもわからないところはあるもの。質問は積極的に行いましょう。

2.若い時のイメージは捨てる

勉強をしてみるとわかりますが、若い時に比べて記憶力が落ちたなと感じるときがあります。記憶力が落ちることは仕方がないことです。なかなか覚えられないのであれば、繰り返しやればよいだけです。若い時のイメージは捨て、今の自分に合った勉強の仕方を考えましょう。

3.勉強を習慣化する

勉強は継続的に行わなければ身につきません。そのため習慣化が非常に重要になります。

曜日や時間を決めて継続的に勉強するようにしましょう。

4.IT機器をうまく活用する

勉強する際にはIT機器を活用すると大変便利です。先ほどのオンライン講座もタブレットで受講できます。電子書籍もタブレットで読めば、外出先でも簡単に本を読めます。言葉の意味も簡単に調べられますし、ノート代わりにタブレットを使うこともできるでしょう。自分なりのIT機器の使い方を身につければ、効率良く勉強できまますので上手にIT機器を使ってみてください。

50代、積極的に勉強しよう

勉強をはじめるのに遅いということありません。50代でも積極的に勉強することで、今までよりも能力がアップするのは間違いありません。ぜひ勉強を習慣化して頑張ってみてください。

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから