50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
10/13

オフラインとは違う!オンラインセミナーの集客方法とは?


これまでの知識や経験を伝えるために、セミナーを開催したいという50代の方もいるのでは?

セミナーにはオンラインとオフラインのセミナーがあります。集客方法についても、オンラインとオフラインには違いがあるのです。そこでここではオフラインセミナーとの集客の違いと、オンラインセミナーの集客方法について説明します。

オフラインのセミナーとの違いとは

オフラインのセミナーで行う集客としては、チラシやDMがあります。しかしオンラインのセミナーでチラシやDMを使っても効果はほぼ期待できません。オンラインの場合はWebに特化した集客方法になります。

もちろんオフラインのセミナーでも、Webを活用するわけですが、オフラインはよりWebに特化して行く必要があります。Webをうまく活用すれば、広告宣伝費は安く抑えることが可能です。

オンラインセミナーの集客方法は?

オンラインセミナーの集客方法としては、主に以下の三つが考えられます。これらは無料でも利用できます。そのため多くの人が利用しており、宣伝の中身が非常に重要になってくるのです。

1.ホームページを活用する

ホームページを活用する場合、自社のホームページにセミナーの告知をします。またブログを活用するのも一つの方法です。ただしホームページやブログに掲載しただけでは、ほとんど集客の役には立ちません。

そのため自社のホームページに誘導する導線が必要になります。ホームページ上に、オンラインセミナーの申し込みのリンクをわかりやすい位置におくのも重要です。意外とどこから申し込んでいいかわからないというホームページも多いです。

2.SNSを活用する

SNSはオンラインセミナーの申し込みページへの誘導として活用します。SNSと言ってもたくさんあり、TwitterやFacebook、LINEなど活用すべきものはたくさんあります。ただし無料でSNSを利用する場合、時間をかけて運用しなければなりません。

たとえばTwitterでただ告知したとしても、フォロワーがほとんどいなければ申し込みはほぼありません。オンラインセミナーの申し込みのためだけでなく、長期的な戦略をもとにSNSを運用するようにしましょう。

また年齢層によって利用しているSNSは違います。若い人はInstagramやLINEを使っていますが、Facebookは利用者の年齢は高めです。ターゲットに合わせて使い分けるようにしましょう。

3.セミナー集客サイト

セミナーを告知する集客サイトというのがあります。こちらは有料のものもあれば無料のものもあります。基本的には有料の方が、サイト内でしっかりと宣伝をしてくれるため、集客につながりやすいでしょう。無料で宣伝できる集客サイトにはなるべく登録するようにしましょう。

4.メーリングリスト

最近メールはあまり見ない人も多いですが、それでもメーリングリストを使った集客は行われています。いきなりメールでセミナーへの参加を促すというよりも、情報配信のためにメール登録をしてもらい、そこにセミナーの連絡を流すという仕組みです。

そのためセミナーの情報を流すためだけでなく、有益な情報を定期的に流すメーリングリストを作っておきましょう。こちらも無料で利用できますので、かなり便利です。

予算に余裕があれば広告を活用するのもアリ

今まで見てきたように、Webを使った広告宣伝は費用を安く抑えられます。しかし一方で、多くの人がWebで宣伝をしているため、なかなか人の目につきにくいというデメリットもあります。

そこで予算に余裕があるのであれば、広告を活用するのも一つの手です。とくにSNSでは有料で広告を配信してくれます。たとえばFacebookは地域や属性を絞って広告を配信してくれるので、集客になりやすいというメリットもあります。

またGoogleでも広告を運用することは可能です。ぜひ積極的に広告宣伝を行い、オンラインセミナーに多くの視聴者に参加してもらうようにしましょう。

オフラインとは違う!オンラインセミナーを成功させるコツは?」の記事もチェック!

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索