50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
07/30

50代、ダブルワークがしんどいと感じたらどうする?対処法を紹介


ダブルワークをしていると、肉体的にも肉体的にもしんどく感じることがあります。そのままにしておくと、体を壊してしまうことも考えられるのです。 この記事では、ミドル世代の私が考えるダブルワークがしんどくなった時の対処法について紹介します。

ダブルワークはしんどくなることがある

ダブルワークの肉体的なしんどさというのは、純粋に体が疲れることです。本業をやりつつ空いた時間で別の仕事をするわけですから、当然体がきつくなります。

もうひとつが精神面のしんどさです。ダブルワークを継続していると、締め切りに追われることもあります。そうすると精神的な負担になるのです。また副業によっては作業が中心のものもあります。作業が中心になると、なぜ自分がこの仕事をやらなければならないのかとモチベーションが上がらないのです。モチベーションが上がらない状態で仕事をするのは非常にツライですよね。このように肉体面と精神面でダブルワークがしんどくなります。

ダブルワークがしんどくなった時の対処法

ダブルワークがしんどくなって何とかしなければならない感じたら、どうすればいいでしょうか。ここでは3つの対処法を紹介しますので、ぜひ実践してみてください。

1.目的を再確認しよう

ダブルワークがしんどくなったら、なぜダブルワークをしているのか、その目的をもう一度確認する必要があります。その目的がお金のためなのか、キャリアのためなのか、最初の目的に帰るのは重要です。その上でもう一度考えてみる必要があります。

お金を稼ぎたいのであれば、仕事を変えるというのも一つの選択になるでしょう。キャリアを築くためにやっているのに辛くなっているのであれば、そのキャリアは自分に向いていないのかもしれません。このようにもう一度目的をはっきりさせるというのは大変重要なことなのです。

2.楽しめる仕事を選ぼう

ダブルワークをしていて、とくに精神的に辛くなっている場合は、その仕事が辛くなっている可能性もあります。ダブルワークはお金を稼ぐためにしている人がほとんどかもしれません、しかしお金のためだけだとかえって続きしないでしょう。

その仕事をしていて楽しめるという状況でないと、精神的にも肉体的にも辛くなってくるのです。ダブルワークをしていてしんどいと思ったら、楽しめる仕事を選んでみましょう。そうすることで精神的な負担はかなり改善されますよ。

3.休む日を作ろう

単純にダブルワークは時間を取られます。そのため肉体的に辛くなってくるのは当然です。ダブルワークをしている人はほぼ毎日働いてしまうので、結果としてよく体調が悪くなります。その場合、休む日を作ってから仕事を入れるという考えが必要です。

私もそうですが、仕事がない日を休みにしようとするんですね。しかしダブルワークで仕事を入れてしまうわけですから、結果として休みがないんです。つまり必要なことは先に休みの日を決めること。休む日を作ってから仕事の予定を立てるというだけでも、随分と体調面では良くなるはずですよ。

体に気をつけてダブルワークをしましょう

ダブルワークはどうしても時間が取られるやり方です。疲れが溜まってくると肉体的にも精神的にもつらくなってきます。何をするにしても大切なのは健康ですよね。健康な生活を送るためには、ダブルワークをしていたとしても体に注意する必要があります。

ダブルワークを楽しめる形にしつつ、休みの日はしっかりと作るようにしましょう。そうすることでダブルワークも続けられると思いますよ。ぜひ楽しい副業ライフを送ってください!

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索