50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
12/18

50代から副業を始めるための3つのコツ〜 50代からのちょっとワガママな生き方 〜Vol.35 〜


「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

コロナ禍で、将来のことを改めて考えた直した方も多いでしょう。そこで、本業以外の仕事、副業を始めてみようかなと思った方へ、3つのコツをお伝えしたいと思います。

目的を決める

副業を始める前に、ますは目的を決めましょう。収入アップのために、時間を有効活用するために、定年後に向けての準備のためにと、副業を考えたきっかけは人それぞれだと思います。目的によって、副業の内容が変わります。

例えば、今すぐに収入アップさせたいのならば、お休みの日や本業後に時間給を稼げるバイトや日雇い派遣の仕事もあるでしょう。

定年後に向けての準備として始める方は、定年までに形にしたいことの方向性を決めます。習い事や資格を持っていたら、最初はモニターという形でもいいので、少しでも自分のスキルがお金を生み出すように動いてみてはいかがでしょうか。

時間管理をする

本業の就業時間の他にダブルワークという形で仕事を始めるという方法もあります。ダブルワークは単純に労働時間が増えるため、本業中に眠くなってしまったり、無理をして体調崩してしまったりしては本末転倒です。50代になると健康管理も大切なことです。体力のことを考え、無理ない範囲で時間管理をしっかり行いましょう。

以前、私は副業としてwebライターを始めましたが、案件を抱えすぎて夜中まで仕事をし、体力的にも辛くなってしまったことがありました。時間管理は本当に重要です。

副業する上で気をつけること

副業を解禁する企業も増えてきましたが、まだ副業の禁止のところもあります。後々、もめないように会社に確認をとっておきましょう。本業の業務内容と異なる内容なら可能など副業の規定があることもあります。

また、交通費が出ないこともあります。会社員は交通費の支給があるので気にすることがなかったと思いますが、意外と交通費はバカになりません。そのため、副業の場所選びも重要です。自宅から会社までの定期券の範囲内で探したり、在宅ワークを始めたり、経費を削減することも考えながら選びましょう。

まずは一度やってみて体感すると、どんな状態が理想なのかも見えてくると思います。

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

ひろこママ(ホワイトver)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろこ」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/