50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
07/27

あなたは大丈夫?50代からの副業が長続きしない人の特徴6つ


最近では副業ができる会社が増えてきました。そのため気軽に副業をスタートできる状況にもなっています。ただし副業というのは、はじめるのは簡単ですが、続けるのは意外と難しいのです。実際に副業が長続きしないという方も多いでしょう。

副業が長続きしない方は、以下の6つの特徴に当てはまっている方が多い傾向にあります。ここでは副業が長続きしない人の特徴を6つご紹介しましょう。

1.連絡が苦手

副業はメールやチャットなどでのやり取りが非常に多いです。理由としては、副業が本業と違って出社して仕事をする形ではないものが多いから。副業だからといって、連絡が遅くていいというわけではありません。本業と同じようにしっかりとやり取りができなければ仕事として成立しないのです。そのため連絡を取るのが苦手という人は、なかなか副業が長続きしません。連絡が来たらすぐに返すという気持ちが大切です。

2.時間管理が苦手

副業が続かない人の中には、時間管理が苦手な人も多いです。本業をやりながら仕事をするわけですから、時間をうまく配分しないと副業の時間が取れません。そのため結局副業で受けた仕事が終わらず、そのまま納品しないでいなくなるという人も多いのです。時間管理は仕事の配分をする前に、実際に今の空き時間でどこまで仕事ができるのかを把握することが重要。どんなに頑張っても終わらない仕事を引き受けてはいけません。そういう意味では今空き時間がどれだけあって、 どれくらい副業に使えるのか、しっかりと決めておく必要があるでしょう。その上で時間配分をしっかりとすべきです。

3.目的はお金だけ

副業をする目的のひとつがお金です。副業を収入アップのためにしている人も多いでしょう。見方を変えると、お金のためだけに副業をしている場合、今の副業先よりも、もっと条件の良い仕事が見つかれば、簡単に辞めてしまう可能性があります。ステップの一つとしてとらえることもできますが、長期的に関係を築いていきたい取引先から見れば、寂しい思いをするかもしれません。また、自身として、どこまで知識やスキルを深めることができるか、といった課題もあるでしょう。

4.趣味が豊富

副業はどうしても時間が取られます。本業以外にも時間を確保する必要があるからです。そのため趣味の時間は削られていきます。ゲームが好きな人であればゲームする時間はなくなるわけです。趣味がたくさんある人は趣味に使う時間も多いですよね。そのため趣味に使う時間を削られることが嫌になり、副業が続かないこともあります。 趣味が多いことは、悪いことではありません。副業を選ぶ際に趣味に近いものを選ぶほうが、長続きするでしょう。

5.目的がない

最近は副業ブームですから、少し副業をやってみようかなと思えば、いくらでも副業をスタートできます。しかし目的がしっかりしていないと、副業は長続きしません。お金のためなのか、セカンドキャリアのためなのか、あるいはその両方なのか、しっかりと目的を持って副業に取り組むようにしましょう。そうすることで副業は長続きします。

6.本業をしっかりできない人

本業をしっかりできていない人が、副業はしっかりできることはありません。なぜなら仕事に対する態度は共通しているからです。本業も副業も同じ仕事であるという自覚を持って、両方しっかりできるようにしていきましょう。

ムリして副業するのはやめよう!

ここまで副業が長続きしない人の特徴を5つ紹介してきました。そもそも副業は、ムリしてやる必要はありません。もし副業をしたいのであれば、しっかりと目的を持ってはじめるようにしましょう。また副業ではありますが仕事です。そのため、いい加減な仕事をしては相手方に迷惑がかかります。時間管理や連絡についてはしっかりとするようにしましょう。そうしないとお互い不幸になってしまうかもしれません。

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索