50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
03/17

副業も本業も同じ?50代が副業と本業を両立するためのコツとは


近年、副業解禁をする企業が増えてきているのをご存知でしょうか。その理由としては副業をすることで本業によい影響があること、優秀な人材が副業禁止では集まってこないことなどが挙げられます。一方で副業と本業を両立するというのは難しいこともあります。うまく両立しなければ副業がうまくいかないどころか、本業までもダメになってしまうことがあるのです。そこでこの記事では、副業と本業を両立するために必要なコツについて紹介します。

依頼企業は副業だからと依頼していない

まず前提として考えなければいけないのは、依頼する企業はあくまでも副業として受けるのが可なのであって、副業としてやって欲しいわけではないということなんですね。副業というとどうしても本業より後回しになるというイメージがあるかもしれません。しかし依頼している側は本業と同じように仕事をしてほしいわけです。本業と同じようにこなしてもらい、よい成果物を納めて欲しいのが依頼企業の気持ちです。このギャップに気づかないと、副業で評価される事はありません。

副業でも本業として頑張る必要がある

そこで副業をする側としては、副業も本業と同じつもりでがんばっていく必要があります。今では複業という言葉も出ているように、本業が2つというふうに考えていった方がよいと思います。このように意識を変えるだけでも、副業に対する取り組み方が大きく変わります。副業に対する取り組み方が変われば、依頼者の評価も変わるというわけです。しかし意識改革だけでは副業と本業を両立させることはできません。そこには副業と本業を両立させるポイントがあるのです。

副業と本業を両立させるポイントは

副業と本業を両立させるポイントは以下の4つです。これら4つをしっかりと守っていきましょう。

1.会社に許可をもらう

よく会社に内緒で副業しているという方がいます。しかし副業は会社に内緒にしていてもバレることがあります。もし副業を禁止している会社で副業がバレてしまえば、なんらかの処分が下される可能性は高いです。副業をしたために本業を失うというのは残念な結果ですよね。副業を許可している会社も増えていますので、副業可の会社の場合は必ず許可をもらうようにしましょう。副業不可の会社でも交渉次第では副業可になる可能性があります。副業がしたい場合は、必ず会社と話し合いをもつようにしましょう。

2.時間管理をしっかりする

副業と本業を両立させるためには、時間管理をしっかりとする必要があります。まず副業に使える時間というのを、しっかりと算出しなければなりません。仕事が終わった後に副業をするといっても、毎日できるわけではないでしょう。1週間単位で大体どれくらいできるのかその時間数を割り出します。またその時間数は目一杯あげてはいけません。少し余裕を持って時間を割り振るようにしましょう。大体の時間が割り出せたら、その時間内でできる副業の量というのも決まってきます。もちろん何を副業にするかによって、できる量は変わります。最初は余裕がある形で少しずつ仕事を受けてみましょう。そうすると大体1つの仕事でどれくらいの時間がかかるのかが把握できるようになるはずです。

いきなりたくさん仕事を受けていっぱい稼ごうと思わないようにしてください。

3.得意分野を選択する

副業をどの分野で行うかと考えたときに、自分の得意分野で行ったほうが時間もかかりませんし、報酬も高くなります。全然違う分野にチャレンジしたい方もいるかもしれませんが、その場合は稼ぎとしては少なくなる可能性があるのです。会社の方で副業の許可をもらえさえすれば、自分の専門分野で副業を行い、さらにその副業が本業にも生かせるというメリットがあります。会社としてもこうしたメリットを使っていきたいと考えているようです。自分の得意分野、専門分野を伸ばすという意味でも、本業に近い分野で副業することをオススメします。

4.あくまでも優先されるのは本業

本業と副業というものがあった場合、優先すべきは本業です。しかしすでに述べたように、副業だから手を抜いてよいというわけではありません。つまり大切なのは、副業も本業としてできるレベルしか仕事を受けてはいけないということです。副業でたくさん稼ぎたいという方もいますし、その動機は副業をはじめるきっかけとして理解できます。しかしその結果、本業で稼げなくなってはまったく意味がありません。あくまでも副業は空き時間で行うものであり、その空き時間で本業と同じように作業できるものという認識ではじめるのがよいでしょう。

副業も楽しくやってみよう!

本業をやった後に副業をするというのは一般的ですよね。土日などの休みの時間も副業する方が多いでしょう。本業も副業もと一生懸命やっていると、休みがない生活というのも訪れてしまいます。そうした時にその生活がツライとなってしまったら、よくないですよね。せっかくの副業ですから楽しく行った方が自分のためにもよいです。本業と違って副業というのは自分でコントロールできる部分が大変大きいです。仕事を受けるも断るも自分で決められます。金額が高い・安いというのはもちろん重要な要素ではあります。しかし副業として頑張るのであれば、この仕事が楽しいかどうかというので考えてみるのもよいと思いますよ。

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索