50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
04/20

資格がなくてもOK!小遣い稼ぎのための在宅副業おすすめ3選


新型コロナウイルス感染対策として、長引く外出自粛。少しでも生活の足しにしたいと「在宅でできる副業」を探している人もいるのではないでしょうか。

「でも、これといった資格があるわけでもないし…」という人のために、今回は、未経験・無資格でも安心してできる在宅副業のおすすめを紹介します。

無資格・未経験でもチャレンジしやすい在宅副業とは?

1. Webライター

ライターというと、人物やお店を取材して原稿を書くというイメージを抱いている人もいるかもしれませんが、在宅で完結する仕事もあります。インターネットや新聞、雑誌などを通じて情報を収集し、わかりやすく説明する仕事です。文章を書くことが得意だったり、好奇心旺盛でリサーチすることが好きだったりする人に向いています。

仕事の探し方としては、「ライター 募集」で検索をしてみたり、クラウドソーシングサービスを利用したりする方法があります。まずは実績を作ることが大切。未経験でこれといった専門知識のない人の場合は報酬が低いことが多いですが、まずはライターの仕事が自分に合っているか、腕試しのつもりで挑戦してみてはいかがでしょうか。

2. テープ起こし

会議やインタビュー、講演などで録音された内容を文字化する仕事です。未経験でも挑戦しやすく、音声を聞ける環境とパソコンがあればいつでもどこでも対応できるのが魅力です。タイピングに自信がある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。また、高い集中力も求められます。

仕事探しは、Webライターと同様、ネット検索やクラウドソーシングサービスの活用が多いようです。

3. 断捨離

本や洋服など、自分が使わなくなったものを他の人に売ることで、お金を稼ぐことができます。家にいる時間が長い今だからこそ、断捨離をしてスッキリしてみてはいかがでしょう。フリマアプリを使えば、特別なスキルや経験は必要ありません。

未経験者は特に在宅ワーク詐欺に要注意!

広告収入で稼ぐYouTuberやブロガーなど、他にも在宅でできる副業はたくさんあります。ただ、最近では「◯◯するだけで高収入!」など在宅ワーク詐欺といわれることも横行しているようなので、要注意です。今回は堅実に安心してコツコツと積み重ねられる副業を紹介しました。

外出自粛中の収入確保を理由に始めた副業が、もしかしたらセカンドキャリアを考えるきっかけになるかもしれません。本業と副業の相乗効果を実感できることもあるでしょう。時間に余裕がある人は、在宅副業にぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。


検索