50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
03/31

50代の転職、失敗しないために心がけたい3つのこと


ミドル世代の転職市場が賑わいつつある今日この頃、50代で転職を考えている方も少なくないのではないでしょうか。これまでの転職とは違う、50代だからこそ心がけておきたい失敗しない転職活動のコツをご紹介します。

1. 長期戦を覚悟する

35歳転職限界説が廃れつつあるように、40代や50代といったミドル世代の転職が珍しくない時代。人生100年時代の到来もこの流れに拍車をかけています。しかしながら、ハイキャリア人材や特定の専門職でない限り、転職において「年齢」は壁になる傾向があるのも事実。能力にそれほど大きな差が見られない30代と50代なら、今後の伸び代に期待して30代を採用する企業も多いでしょう。

そのため、50代の転職活動は長期戦を覚悟しておきましょう。過去の転職活動であまり苦労したことがない人も、今回はなかなか決まらないことを前提に活動を進めることをおすすめします。

2. 次の転職先が決まってから、退職届を出す

会社に勤めながらの転職活動は、日程調整など何かと大変なことが多いもの。でも、「きっとすんなり決まるだろう」と現職を退職して転職活動をすることはおすすめできません。前項でも述べたように、50代の転職活動は長期戦が前提。なかなか決まらない焦りから、意に沿わない企業への入社を選んでしまうかもしれません。失敗できない50代の転職だからこそ、ミスマッチはできる限り少なくしたいですよね。

現職の退職手続きは、次の転職先が決定してからにしましょう。

3. 条件アップは期待しすぎない

豊富なスキルや経験を強みに、条件アップを狙う50代は多いもの。しかしながら今、あなたがもらっている給与は、長年同じ組織に勤め続けているからこその額である可能性があります。その会社内のみで通用するスキルや経験なのかもしれません。転職後は新人としてゼロからのスタートになります。転職後の給与等、条件の大幅なアップは期待しすぎないようにしましょう。

50代の転職は甘くないという認識を持つ

年齢を重ねるにつれ、転職難易度が高くなることは否めません。自分はハイキャリア人材、もしくは専門職だから当てはまらないと思っている方もいるかもしれませんが、それは今の会社内でのみ通用する可能性もあります。

50代の転職はすんなり進まなくて当たり前だという認識を持つことが大切です。一つひとつの結果に一喜一憂しないようにしましょう。

また、50代の転職支援を得意とする転職エージェント(人材紹介会社)を活用することもおすすめです。求人紹介はもちろん、市場価値の把握やスキルや経験など、50代の求職者に合わせたサポートを提供しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。


検索