50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
01/17

「年齢の壁」は越えられる!時代の変化に対応するために身につけたい4つのこと【後編】


こんにちは!プログラミング教室スモールトレイン代表の福井です。

時代の変化に対応するために身に付ける力に年齢は関係ありません。「年齢の壁」はいつでも超えることができるのです。前編に続き、「年齢の壁」を乗り越えるために身に付けるべきことの残りの2つを紹介します。

 

3.ひとつひとつの仕事を大切にする姿勢

年齢を重ねてくると、同じ仕事を毎日繰り返すという日常になってきます。そうすると一つ一つの仕事に対して、楽して早く終わらせようと考えるようになります。時には部下に仕事を振って、自分は楽してしまうこともあります。

そのように自分が楽して行った仕事は、取引先にも同僚にも見抜かれてしまいます。その結果、あなたに対する信頼は失われていってしまいます。反対に、ひとつひとつの仕事を常に大切にしていれば、あなたの信頼はさらに増していきます。

あなたが信頼されることで、社内でも社外でも新しいチャンスを掴むことができます。例えば、今後、新しい仕事を任されたり、新しい職場へ呼ばれたりすることもあり得ます。結果として、年齢が上がっても、必要とされる人材になることができるわけです。

どうしてもひとつの職場に居続けると、毎日の仕事をただこなすだけになることが多いですか、明日から改めてひとつひとつの仕事をしっかりとこなすようにしてみてください。あなたのことを見ている人は見ています。何らかの変化が起こるはずです。

4.別の仕事も準備しておく

最近は副業を認める企業も増えてきました。副業については何も若い人だけの話ではありません。年齢を重ねた人でも、副業ができるレベルの仕事を作っておけば、時代が変わったとしても、その能力を生かして仕事をすることができます。

まだまだ日本の企業は、副業を認めていないところが多いので、副業でお金を稼ぐのは難しいかもしれません。その場合は、お金にならなくてもいいので、自分が自信のあることに挑戦して、仕事にできる位のレベルに高めるように努力しましょう。

そうすることで、今の仕事で稼げなくなったとしても、別の仕事で稼ぐことができる可能性が出てきます。また、副業で得た知識を生かし、今の会社で長く働き続けることもできるかもしれません。自分ができる仕事を増やすべく、自分にできそうなことに挑戦していきましょう。

自分を変えるのに年齢は関係ない!!

年齢を重ねるというのは、どうしてもマイナスのイメージが付きまとってしまいます。それは年齢を重ねた人に対して、「新しいことができない」「頑固だ」というイメージがあるからでしょう。そのため、多くの企業が若い人を採用しようとします。

しかし、年齢を重ねている人が必ずしもそうした性質を持つとは限りませんし、それらは変えることもできます。また、年齢を重ねた分だけ仕事に対する経験をしているわけですから、その経験値を生かすことで、若い人たちよりも時代の変化についていくこともできるはずです。こうした50代を迎えるためには、先ほど述べた4つのことを実践する必要があります。

何事も年齢のせいにせずに、時代の変化についていけるように先程述べた4つのことに挑戦していきましょう。そうすることで、これからも会社に必要とされる人材として重宝されるはずですよ。

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから