50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
09/25

主婦の再就職は難しい?ブランクがある方の仕事選びのポイント


「子育ても一段落したし、家計を支えるためにもそろそろ働き始めたい」「社会との接点を持ちたい」などと思っている主婦の方も多いのではないでしょうか。でも、ブランクや年齢のことを考えると、果たして仕事が見つかるのか心配になりますよね。また、家庭との両立も気になるところでしょう。

この記事では、そんな主婦の方のために仕事選びのポイントをご紹介します。

無理なく働くためにチェックするべき項目

通常の転職活動と、出産や育児などで一度退職した方が目指す再就職の活動は異なるもの。ブランクがあり、家庭との両立を目指す主婦の方が求人情報でチェックするべき項目には、次のことが挙げられます。

未経験者歓迎、研修体制がしっかりしているか

ブランクが長い主婦の方は、応募資格に未経験者歓迎の文字があるかチェックしましょう。その仕事に直接関わる知識や経験がなくても、一からしっかり教えてくれる体制が整っている会社なら安心して仕事を始められますよ。

反対に、昔勤めていた会社でどれだけ責任のある仕事を任せられ、スキルや実績に自信があったとしても、ブランクが少しでもあるのであれば過信しないようにしましょう。時代の流れは想像以上に早いもの。自分ではほんの十数年と思っていても、ITなどの普及で仕事内容自体が変わっていたということはよくあることです。

同じ立場の同僚が多いか

育児が一段落したといっても、子供の学校行事や介護といった家庭の事情が仕事に影響してくる可能性はこれからもあるでしょう。そんな時に、同じような立場の同僚が少ない職場では居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。悪意はなくても「なぜあの人だけ残業しないのか」など口にする人もいるでしょう。

同じ立場の同僚が少ない会社が全て当てはまる訳ではありませんが、職場の雰囲気としてワークライフバランスの両立に理解を示してくれるかのチェックは大切なのです。

通勤時間や勤務日

長らく通勤というものから離れていた主婦にとって、電車やバスでの通勤は想像以上にしんどいもの。家庭との両立といった面から見ても、家から通いやすく、通勤時間がなるべく短い職場をおすすめします。交通費支給についてのチェックも忘れずに!

また、「勤務時間・曜日相談可」と書かれている職場なら、家庭の都合に合わせて働けます。例えば、「午前中は家事をするから、仕事は午後から」「毎週月・木曜日は親のところにヘルパーさんが来るから、仕事はそれ以外の曜日で」など、柔軟に調整することができるでしょう。

 

ずっと専業主婦だったから不安…それなら副業から始める方法も

「本当にきちんとやっていけるか不安」「いきなり会社で働くのではなく、在宅でできることから徐々に慣れていきたい」という方も少なくないでしょう。そんな方は、まずは副業から始める方法もあります。家庭の仕事のかたわら副業をし、慣れるにつれて徐々にそのバランスを調整していくことができるでしょう。自分の「好き」を活かせ、チャレンジしやすいライティングやイラストレーション、データ入力、テープ起こしをはじめとした様々な種類がありますし、在宅でできる仕事も数多くあります。ぜひ参考にしてみてくださいね。