新しいキャリアを見つけたいミドル・シニアの 仕事・副業探しサイト【キャリア50】

お問い合わせ
2019
08/22

選択肢を増やしたい!50代会社員でもできる3つの働き方


多様な働き方が認められる現代において、今後のキャリアを見つめ直す50代の方は少なくありません。将来の選択肢を増やすために、頭を悩ませる人も多いです。そこで今回は「50代会社員でもできる3つの働き方」をご紹介します。今後のキャリアを考えるうえで役立つヒントが見つかるはずです。

 

50代会社員でもできる3つの働き方

働き方の選択肢を増やしたい50代会社員の方も、やり方次第で新しいキャリアを見つけられます。今回ご紹介する働き方は次の3つです。

  • 副業
  • フリーランス
  • 起業

それぞれの内容について、分かりやすく説明します。

副業:安定的な収入を得ながら挑戦できる!

収入を安定させながら挑戦したい方は、副業を行うのもおすすめです。今までの経験や会社で得たスキルを活かしつつ、副収入が期待できます。仕事と近い分野のビジネスを行えば、本業との相乗効果も得られるかもしれません。副業が軌道にのった場合は、フリーランスとして独立できる可能性もあります。今まで築いたキャリアを継続しつつ、新しい仕事を始めたい人におすすめです。

フリーランス:個人のスキルアップにつながる!

すでに豊富な実績と知識がある人は、独立するのも1つの方法です。会社員生活で得た実績を活かしながら、個人でビジネスを行えます。フリーランスのメリットは個人でスキルアップを図れること。自分の手で営業をして、仕事をとる必要があるからです。独立当初は苦労する場合も多いですが、会社員では体験できないような経験がつめます。個人で行う仕事に魅力を感じる場合は、挑戦してみるのも良いでしょう。

起業:経験を活かしてビジネスを生み出す!

会社員生活で培った実績や人脈を生かして、新しくビジネスを始める人もいます。実際に会社を立ち上げて、代表取締役として活躍する方も多いです。マネジメント業務や経営に携わった方ことがある方は、今までの経験を活かせるかもしれません。ビジネスの知識が豊富で行動力のある方に向いています。

50代だからこそ向いている!働き方の選択肢を広げよう

50代の会社員の最大の特徴は経験や知識が豊富なことです。今まで得たスキルや実績を活かして新しいキャリアに挑戦できます。副業やフリーランス、起業など働き方の選択肢は1つではありません。この記事を参考に、ぜひ自分に合ったキャリアを見つけてください。