50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
01/16

気軽に始められるちょっと変わった副業4選!?~その1:番組観覧・エキストラ~


副業・兼業は今やトレンドになりつつありますが、興味はあっても何をしたら良いか分からない、という方も多いようです。そんな時はまず何しろ「本業以外で働いてみる」ことを目標に副業を始めてみてはいかがでしょうか。頭で考えるより先に「とにかくやってみる」ことで何か見えてくるかもしれません。

4回にわたって、比較的誰でも始めやすい副業をご紹介します。数ある仕事のから独断と偏見で4つに絞りました。今回は「番組観覧・エキストラ」です。

キャリア50-124

番組観覧・エキストラの仕事とは

テレビやCMなどの映像作品は全体の雰囲気が大事。メインとなるタレントさんや俳優さんの後ろで目立たないものの、臨場感あふれる映像を作り上げるためには観客やエキストラは必要な存在です。バラエティや情報番組で番組を楽しみながら報酬がもらえる番組観覧の仕事。場を盛り上げるために笑い声や歓声をあげたり、拍手をしたりすることなどが求められます。エキストラはドラマやCMの撮影でメインとなる役者さん以外の、通行人や群衆など演じる出演者のことです。セリフがないことがほとんどですが、場に応じた演技をする必要があります。

メリット

どちらの仕事も憧れの芸能人を間近で見られるのが最大のメリット。特に、芸能やマスコミに興味がある方は、プロの話芸や演技、映像の作り方や業界の裏を見て学べる絶好のチャンスです。
番組観覧は、日時さえ合えば気軽に始められます。友人を誘ってOKという収録もあるので、副業というより非日常を体験する遊び感覚で楽しめます。健康番組などミドル・シニアがターゲットの番組も増えているので需要は高まっているのではないでしょうか。

エキストラは小さいながらも映像に映り込む可能性があります。かつてはドラマのエキストラから役者になった人が多くいましたが、今はあまり期待できません。ただ、こまめに作品に出続けることで、声がかかる場合もあるようです。

デメリット

番組観覧・エキストラの報酬は決して高いとは言えず、交通費も出ないことがほとんど。待機時間は長めで収録が伸びることも多く、拘束時間が長い傾向にあります。スケジュールも3日前~前日など直前に決まることもあり、急な予定の変更が必要になることも。エキストラの場合、衣装は指定された条件に合わせて自分で用意することが基本です。

番組観覧やエキストラの仕事は、インターネットで検索すると数多く見つけられます。副業として収入を常に確保するには向いていませんが、副業準備のための体験と捉えて、いつもとは違う世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

次回は「家事代行」の副業について紹介します。