50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2018
07/15

元サイボウズ執行役員・松村氏の「めざせ!複業日記」を読んでみた! 【副業・複業元年⁉】


2016年1月、当時サイボウズ株式会社の執行役員だった松村さんは「副業禁止を禁止」を提唱する社長の青野氏から直接「副業してみない?」と提案されました。

やりたいこと、実現したいことを整理した後に始めたのは、社会的弱者とされる人たちが生きやすい社会=インクルージョンな社会をつくるための活動。認知度を高める情報発信のために始めたブログ「めざせ複業!日記」のコンテンツをシリーズでご紹介します!

2018年2月5日「副業・複業元年になるか!な
2017年11月、松村さんが「サイボウズでの複業制度」というテーマでプレゼンをした厚生労働省の「柔軟な働き方に関する検討会」。まとめられた報告書のポイントについてわかりやすく解説してくれています。

報告書の中で今後副業をする人にとってポイントになりそうなのは以下の点だとのことです。(抜粋編集)

副業・兼業を、原則認める方向にしていくべきである、としていること。
(合わせてモデル就業規則の規定を、 原則禁止から届け出等により可能と変更案を出しています)

健康及び労働時間の管理については、ITの進化等の社会の変化を受けて見直すべきとしていること。
(ただし、複数の雇用契約締結者の労働時間については通算すると法定されていると釘を刺しています)

労災保険、雇用保険、社会保険についても検討するべきとしていること。

報告書では副業だけではなくテレワークにも触れていて、通勤時間での業務認定条件など一段階踏み込んだ内容になっているとのことです。

厚労省が現行法令やモデル就業規則などを見直すベースとなるこの報告書。首相の施政方針演説でも働き方改革は一番目に挙げられている項目なので、「大胆な改訂」を期待している松村さん。心配なのは実際に改訂を行う「厚労省の皆様が、副業もテレワークもやっていないこと(多分)。」だそうです。…確かにそんな気がします。