50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
02/01

副業への手順~その①:何をやりたいかを決める 前編


さまざま企業で副業容認や解禁が推進され、インターネット上には副業に関する情報があふれています。それらの情報からは、現在本業に従事している人の半数以上が副業経験者もしくは副業希望者であると推測できます。しかし、いざ副業を始めよう!と思っても、何から始めたら良いのかわからない方が多いのではないでしょうか。

当サイト内でも副業について多くの視点から考えてきましたが、ここで改めて副業を始める際に何をどうしたら良いか、順を追って整理してみたいと思います。

大事なポイントは「何をやりたいか」、「時間」、「収入」の3点です。
5回にわたって見ていきますが、今回は「やりたいことの見つけ方 前編」です。

キャリア50-151

やりたいことを見つける方法

あなたが本当にやりたいことや夢は何でしょう? 子どもの頃は即答できたはずなのに、大人になると急に難しくなります。それなら人生の棚卸しをしてみませんか。

棚卸しの方法は簡単です。思いつくままに自分がやりたいことや興味のあることを書き出します。目標は100個、経験豊富なミドル・シニア世代でも100個となると意外と難しいと思いますが、できるだけ書き出しましょう。人生の中で嬉しかったこと、熱中したことなどのポジティブな視点、嫌いなこと、二度とやりたくないことなどのネガティブな視点から考えてみます。

そして、家族や友人、同僚からどのように見られたいかという他者の視点、5年後、10年後の理想の自分という未来の視点など、さまざまな方向から自分を見つめ直してみてください。書き出していくうちに、自然と自分のやりたいことが見えてくるはずです。

それでも見つからない、決められないという場合は副業に関するセミナーに参加する、適職診断をインターネット上で受ける、キャリアカウンセラーに相談するなど、ぜひ行動を起こしてみてください。「これだ!」と思えるものに出会えるはずです。

副業は収入よりも興味関心を優先

収入を優先したい気持ちもわかりますが、副業で優先すべきは仕事の内容、つまり興味関心が継続的に持てるかどうかです。自分が楽しめることは無理をしなくても自然と続けられ、結果も早く出ます。副業そのものも楽しめて高いパフォーマンスを継続しやすくなり、高いパフォーマンスを継続的に発揮できれば、自然と収入も増えて人生が充実していくでしょう。

「内容は何でもいいからとりあえず副業を経験する」という方法もありますが、ミドル・シニアの方は「やりたいこと」、「自分の幸福」を優先させて副業を選ぶことをお勧めします。
次回「やりたいことの見つけ方 後編」では、また違った視点から副業の仕事内容について見ていきます。