50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
02/06

副業への手順~その③:収入はどれぐらい必要?~


副業を始める上で重要な3つの手順について、改めて確認していくシリーズ、最終回のテーマは「収入」。副業の内容や時間管理も大事ですが、収入も考慮すべきポイントです。

副業・兼業のお金に関する情報はインターネットで検索するといろいろ出てきます。「家にいながら楽に稼げる」、「スマホ1つでお仕事開始!」、「副業で1,000万稼いで夢が叶った」などなど。始め方からテクニック、成功体験まで、怪しいものも含め多種多様のアドバイスや経験談が溢れています。簡単に高収入が得られると書いてあるものが多いですが、インターネット上の情報を鵜呑みにするのは危険です。

では実際に副業をしている人はどのくらい稼いでいるのでしょうか。今回は、複数の民間業者の調査を基に総合的に見ていきましょう。

キャリア50-155

副業の平均収入について

副業の内容や時間のかけ方には個人差があるので、「月50万円以上」という起業家レベルで稼いでいる人もいますが、複数の調査結果を見ても、副業収入は「月1~5万円」が最も多く、平均すると約3~4万円。調査によっては、半数以上が「月3万円未満」という結果も出ています。性別で比較すると、女性より男性の方が平均月収は多い傾向にあります。

思っていた以上に平均収入が少なく驚かれた方もいるかもしれません。しかし収入は本業で確保している場合が多く、副業では収入よりもやりたいことを重視した結果、と見て取れるのではないでしょうか。

短期的には収入重視で分野を選ばず副業をした方が経済的には良いのかもしれませんが、長期的に見ると得意な分野で楽しみながら副業をした方が継続できますし、早くから高いパフォーマンスを発揮できます。高いパフォーマンスを継続できれば、結果として高収入が得られることにつながるのではないでしょうか。

副業の経験がある人はまだまだ少ないため、各社の調査結果から決定的なことは言えません。しかし、政府の方針にしたがって企業の副業推進や解禁がさらに進めば、副業環境は整い、好きなことを仕事にして収入を得ることができる社会になります。

副業で収入を劇的に増やしたいなどと無謀な金額目標設定をしなくても、自己の成長や生きる上での幸福感を優先させ、楽しく副業をしていれば、収入はその結果として付いてきます。

副業の手順シリーズでお伝えしてきたように、①「何をやりたいかを決める」②「時間をつくる」と手順通りに進めてから③「収入はどれぐらい必要か」を考えました。副業に興味がある方はぜひこの順番でしっかり計画を立ててみてください。