50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2021
03/19

これからの働き方「フリーランス」のメリット・デメリット〜 50代からのちょっとワガママな生き方 〜Vol.47 〜


「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

コロナ禍でリモートワーク、在宅勤務という新しい働き方が広がりました。

「時間と場所にとらわれない働き方をしたい」
最近、よく耳にするセリフの一つですが、このセリフを言っている人にどんな意味なのかと聞いてみると「好きな場所で好きな時間に仕事ができること」という答えが返ってきました。言葉だけ拾うと素敵な働き方に思えますね。そこでフリーランスになる前に知っておきたいメリット・デメリットを見ていきましょう。

フリーランスになるメリット

・自分のペースで仕事ができる

会社と違って就業時間が決まっていないため、自分の都合に合わせて働くことができます。週休2日や3日など自分で休みも決めることもできます。

・働く場所を選べる

パソコンでできる仕事であれば、ネットワーク環境があればどこでも仕事をすることができます。どこかに通勤する必要がないため、海外や旅行先でも仕事することができます。

・自分がやりたい仕事ができる

自分で仕事を選ぶことができます。得意なこと、専門的なことに特化した仕事だけを選ぶこともできます。

フリーランスになるデメリット

・収入が安定しない

会社の雇用でないため、自ら仕事を確保しないといけません。副業を始める人も増えているため、競争が激化しています。

・社会的信用が不安定になる

会社員時代よりも収入が増えたとしても、社会からの信用は会社の雇用よりも低くなることがあります。賃貸を借りにくくなったり、クレジットカードを作れなくなったりすることも…。ぜひ会社員のうちに作っておきましょう。

・時間管理が必要

自由な時間に働けるメリットはありますが、会社のように管理してくれる人がいないため、自分自身によるスケージュール管理が必要になります。仕事を受けすぎてしまうと、会社員の時よりも働く時間が増えてしまうことがあります。

会社員時代より収入が上がる人もいれば、下がる人もいます。フリーランスのメリット・デメリットは人それぞれによって変わります。フリーランスになる前に、あなたがフリーランスになったら手に入れたいものをぜひ、考えてみてください。

例えば、収入だった場合、お仕事の単価をあげる方法と、働く時間や仕事を増やす方法があると思います。前者であればよりスキルが必要です。また、休みに重点におくなら、いつでも休むことはできますが、会社員時代のように有給も休日もありません。休んだ時間は無給です。このようにメリットとデメリットは紙一重です。今、注目されている働き方なので、メリット・デメリットを知っておきましょう。

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

ひろ子ママのこれまでの記事はコチラ

ひろこママ(ホワイトver)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろこ」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/