50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
11/23

50代こそネットで稼ぐのがおすすめ!おすすめの稼ぎ方4選


50代から副業をはじめたり、定年後もできる仕事を探したりするなら、ネットで完結する仕事がおすすめです。ネットでなら、毎日同じ時間に出勤をする必要がなく、マイペースに収入を得ることができますよ。

本記事の内容を参考に、ぜひ自分にぴったりなネットの仕事を見つけてみてくださいね。

50代におすすめのネットでの稼ぎ方

50代の方にとくにおすすめのネットでの稼ぎ方は、次の4つです。

  • アンケートモニター
  • データ入力
  • スキルシェア
  • ライティング/ブログ

それぞれの内容を、以下でくわしく解説していきましょう。

1. アンケートモニター

アンケートモニターは、サイトに無料登録をしてアンケートに答えると、換金可能なポイントがもらえるサービスです。

アンケートは1回につき5〜10分ほど。スマホさえあればできるため、気軽なうえに時間・場所にもしばられません。スキマ時間を有効活用できるでしょう。

ただし、もらえるポイント数はひとつのアンケートにつき1〜100ポイントと少なめ。がんばっても月2万円ほどの収入が限度です。

高収入を得るというよりも、お小遣い稼ぎに向いている仕事といえます。

2. データ入力

データ入力は指定された文章を正確に入力するお仕事。

パソコンを使うとはいえ、操作はタイピングがほとんどで、パソコン作業の初心者にも安心です。文章を考える必要もありません。

なおデータ入力の相場は、文字単価で1文字0.1~0.5円ほどになります。こちらも高収入をねらうのは難しいでしょう。

タイピングのスピードが速い方、コツコツとした作業が苦にならない方には、特におすすめの仕事です。

3. スキルシェア

スキルシェアは企業から仕事の依頼を受けるのではなく、自分の好きなこと・得意なことを販売できるサービスです。

文章の作成・翻訳、写真撮影、似顔絵から占い・悩み相談まで、アイデア次第でさまざまなスキルを出品できます。また仕事量や作業時間もコントロールしやすく、金額も自分で決められて自由度が高いのもメリットといえるでしょう。

始め方はサイトに登録するだけなので、初心者でも簡単です。

ただしスキルを買ってくれる人がいなければ報酬はゼロ。ほかの出品者と差別化するための工夫は欠かせません。

自分のお店を持ったような感覚で、楽しくチャレンジできるでしょう。

4. ブログ/ライティング

ネットで高収入を得る代表的な方法といえばブログです。トップクラスのブロガーの中には、月に100万円以上稼いでいる人もいるほど。

ブログでは記事を読んでくれる人の数が増えれば増えるほど、もらえる広告収入も増えていきます。

ただし最初の1円を稼げるようになるまでには、かなりの時間と労力が必要です。少なくとも半年ほどは、どれだけ記事を書いても報酬は得られないでしょう。

そこで併行して、ライティングの仕事を組み合わせましょう。

依頼されたキーワードにそって調べた情報を、分かりやすい文章でまとめます。仕事や趣味などの経験・知識をうまく活かすことで、数万から十数万円の月収が得られるかもしれません。

50代こそネットで稼ぐのがおすすめ

ネットには、年齢制限がなくだれでも簡単に始められる仕事が多く存在します。また体を酷使するような作業は存在しないため、体力がなくなっても続けることができでしょう。

仕事量や時間帯も、外に出て働くよりも調整がしやすいため、自分のペースでストレスなく働けます。

このようにネットでの仕事にはメリットがたくさんありおすすめです。ぜひ今から出来る範囲で進めてみてはいかがでしょうか。


検索