50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
11/09

手を出すのはちょっと待って!オススメしない怪しい副業とは?


副業をしたいと思った時は、クラウドソーシングや副業サイトなどを使って、仕事を探す人が多いかもしれません。

他にもSNSなどで副業を募集している場合もあります。しかし、SNSでの副業募集の中には怪しいものもあります。こうした副業には手を出さない方がよいです。また、副業をすることで、自身にマイナスになるものもダメ。

このように副業には手を出さない方がよいものもあるのです。この記事では、怪しい副業と自分にマイナスになる副業という2つの視点から、手を出してはいけない副業について説明します。

副業にも怪しいものがある

副業をはじめるときに費用を要求するもの

副業をはじめる時に費用を要求するものがあります。副業をはじめるために教材が必要だとか、副業紹介サイトの入会が必要だとか、さまざまな理由をつけて費用を要求してくるのです。

副業をはじめるのは無料でできます。まずはクラウドソーシングや副業サイトに登録して、副業を探してみることからはじめましょう。

儲かることを強調するもの

副業の中には儲かることを強調しすぎるものがあります。絶対儲かるとか、一か月で100万円稼げるとか、簡単に稼げるという言葉が並んでいるものも見られます。とくにSNSではこうした募集を見かけることが多いかもしれません。

どんな仕事でも、そう簡単にお金を稼ぐことはできません。過度に儲けを強調するような副業は避けるようにしましょう。

個人から依頼される仕事

Twitterなどを見ていると、個人が副業人材を募集している場合があります。もちろん個人だからといってすべて怪しいというわけでありません。しかし、個人から仕事を受ける場合、その人がどのような人なのか、しばらく様子を見てから仕事を受けるようにしましょう。お金を払わずに逃げてしまう人もいるので注意が必要ですよ。

副業がマイナスになるもの

次に副業することでかえって自分にマイナスになるものもやらないほうがよいです。副業がマイナスになるものとしては、以下の3つに当てはまるものが考えられます。この3つにあてはまる副業は、引き受けないようにしましょう。

時間がかかりすぎるもの

副業は限られた時間で行うものです。そのため時間がかかりすぎるものは副業として適しません。本業の空き時間を使って副業をするはずが、副業をする時間を確保することで、本業の時間が無くなってしまうのは本末転倒ですよね。

最初に自分はどれくらいの時間を副業にかけられるか考えておきましょう。もし想定よりも時間がかかってしまう場合は、事情を話して副業を断るのも必要かもしれませんよ。

体力が必要なもの

副業の中には体力が必要なものもあります。在宅でする副業であれば疲れもそれほどありませんが、本業が終わった後に別の場所に行って副業をするとなると、体力的にかなり辛いものがあります。

副業をすることで体調を崩し、本業までできなくなってしまっては意味がないでしょう。自分の体力も考えて仕事を受けるようにしましょう。

報酬が低いもの

副業の中には報酬の低いものがあります。副業をする目的は報酬だけではありませんが、あまりにも報酬が低すぎるものは案件として問題があります。仕事に対してはしっかりと報酬を得るべきです。

自分ができる副業をしよう!

副業も本業と同じように簡単に稼ぐことは出来ません。甘い言葉に騙されて、むしろお金を失ってしまった人もいます。また副業することで反対に消耗し、本業が駄目になってしまう人もいます。まずは自分ができる副業をできる範囲でやるようにしましょう。そうすれば副業も長く続けられますよ。

 

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索