50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
08/04

50代から考えたい!副業・複業・パラレルワークの違いと人生に与える3つのメリット


「複業・パラレルワークという言葉があるけど、副業とは何が違うの?」

そんな疑問に答えて、本記事では副業・複業・パラレルワークの違いを紹介します。またこれらをライフスタイルに取り入れることでどのようなメリットがあるのかも、具体的に解説していきましょう。

本業以外の活動に興味がある方は、ぜひ本記事を参考にしてくださいね。

副業・複業・パラレルワークの違い

結論から言うと、副業・複業・パラレルワークは、はっきりと区別されているわけではなく、それぞれの定義もあいまいです。

ただ一般的には、次のように使い分けることが多いでしょう。

最後のパラレルワークは、収益が発生するビジネスだけでなく、ボランティア活動・学術研究・創作活動といったより大きな枠組みで考えられます。この見方でいえば、副業・複業もパラレルワークの一種といえるのです。

副業・複業・パラレルワークのすべてに共通する点は、「本業に縛られない生き方である」ということ。現代社会では、働き方改革や価値観の多様化などにより、これらの新しいライフスタイルが注目されています。

副業・複業・パラレルワークのメリット

副業・複業・パラレルワークの代表的なメリットは次の3つです。

  • 収入が安定する
  • やりがいがある
  • 成長できる

一つひとつ解説していきましょう。

収入が安定する

多くの企業で終身雇用制がなくなり、各業界の変化もより急速になりつつある近年。「正社員でいる限りは生涯安泰」とは言いがたい状況といえるでしょう。今回の新型コロナ禍で強く実感した人も多いかもしれません。

その点、副業・複業はひとつの会社・業種に依存しないため、不測の事態にも柔軟に対応できるメリットがあります。複数のビジネスが相互に「保険」の役割を果たすことで、長期的に収入が安定しやすいのです。

やりがいがある

副業・複業・パラレルワークは、「何をやるか」あるいは「どのようにやるか」という裁量権が自分自身にあります。好きなこと・得意なことを活かして、今までやりたかった活動に挑戦するチャンスともいえるでしょう。

それによって人生がより豊かになり、大きなやりがいが生まれるかもしれません。

成長できる

副業・複業・パラレルワークなら、ひとつの会社で働き続けるだけでは得られない経験・知識を得ることが可能です。また活動の幅が広がることで、人脈の広がりも期待ができるでしょう。

新しい経験・知識・人脈は、現在の仕事にもしっかりと活きてくるはずです。生涯をかけて成長できるのは、大きな魅力といえます。

このように、副業・複業・パラレルワークといった新しいライフスタイルには、本業だけでは得られない多くのメリットがあります。定年後の生き方にも大きな影響を与える可能性があるため、興味をお持ちの方は今からでも挑戦してみてはいかがでしょうか。


検索