50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
06/26

収入源はいくつある?これからの時代、1個だと足りないかも 〜 50代からのちょっとワガママな生き方 Vol.12 〜


「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

こんにちは。ひろ子ママです。

「20代の頃に思い描いていた将来設計と今とでは全く想像していたものと違う…」

先日、ある50代の方がおっしゃっていたことです。どういうことかというと、

・年金支給が65歳を超え、まさか60代以降も働くことになるとは思わなかった

・預金利息が少ないため預金が増えない

・給与が右肩上がりにならなかったため、老後の預金が足りない

などが挙げられました。

2o代の頃と今では置かれている環境が異なるため、なかなか思い描いた未来を手に入れることは難しいですよね。日本でも年功序列から成果主義を導入する企業も増えてきています。さらに、この先も不確実な時代は続いていくと考えられるため、今ある収入がずっと続く、収入が増え続けると考えるのは一旦捨てた方がいいでしょう。今ある収入源が1つだけの方は、これからの時代足りないかもしれません。

複数の収入源を持つという考え方

コロナ禍という、数ヶ月前には思いもしなかった出来事を体験している私たち。これからも年功序列などの目の前にある保証は今後も減っていくと考えられます。そこで、環境が激変した際に複数の収入源を持っておくと、収入減へのリスクヘッジ、そこからの精神的安定も得ることができるでしょう。

小さい収入から始めよう

趣味で写真を撮っている人は、PIXTAなどを使って、写真素材を販売することができます。実際、私の知り合いもやっていることです。絵が好きな人なら、LINEスタンプを販売することもできるでしょう。はじめは小さな額だと思いますが、何事も積み重ねです。1万円の収入源が5つあったら5万円になりますよね。まずは1つからでも収入源を見つけてみませんか。のちのち、趣味が本業の収入を上回ってしまうってこともあるかもしれません。

また、奥さんが専業主婦でご主人の収入だけの場合は、毎月5万円でも奥さんにパートに出てもらうのもいいですね。

本当に必要なことにお金を使うことも大切

収入ポケットを増やすことの他にも大切なことがあります。それは、今ある現金を守ること。不景気になると、安売りのセールが行われることもよくありますよね。お得な気がして財布の紐が緩くなりがちです。購入したけど使わなかったってことも…恥ずかしながら私はよくあります。数千円のものだとしても、「チリも積もれば山となる」というように結構な額になるもの。購入する前に、本当に必要なものなのか考えてみましょう。不確実な時代には、本当に必要なもの、大切な人のためにお金を使うという考えも必要だと思います。

不確実な世の中、「〜はどうしよう」「〜になったらどうしよう」と考えているだけでは何も変わりません。収入源になるものが見つからなかったら、最初はボランティアでお手伝いをしてみるのも一つの手です。そこから、何かの仕事に繋がるということもありますよ。まずは悩むことよりも動くことです。

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

 

ひろ子ママのこれまでの記事はコチラ

ひろこママ(ホワイトver)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろこ」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/


検索