50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
04/24

今、目の前のことがうまくいかない時こそ、他人の為に動いてみては〜 50代からのちょっとワガママな生き方 Vol.4 〜


「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

こんにちは、ひろ子ママです。

生きていると、本当にうまくいかないことってありますよね。どんなに頑張っても、今すぐに状況を変えられないことなどもあると思います。ある程度悩むことも大切ですが、そんな時こそ、他人の為に動いてみてはいかがでしょうか。時間が解決してくれることもありますが、自分で動けることもたくさんありますよ。

変えられないことにエネルギーを注がない

うまくいかない時に、その場で動けなくなってしまうことには原因があります。それは変えられないことにエネルギーを注いでしまっているからです。アドラー心理学にもありますが、一つは、過去。例えば、「あの時、あの株を買っておけば、今ごろお金持ちだったのに」などと、やらなかった過去を後悔することです。残念ながら何度悩んでも過去は変えられません。もう一つは、他人。目の前に嫌いな人がいたとして、相手に変わって欲しいと思っても、「相手の気持ちは相手のもの」です。誰かが変えられるものではありません。

うまくいかない時は誰にでもあります。大きさはそれぞれですが、悩みは誰にでもあると気持ちを切り替えて、気持ちを楽にすることも必要ですよ。

自分のためでなく、他人のために動いてみる

目の前のことがうまくいかない時は、他人のために動いてみることもおすすめです。例えば、友人のお祝い事があったら心からお祝いしたり、相手を応援したり、相手の喜ぶように動いてみることです。動いていると、自分の悩みを忘れられるという効果がありますし、そこから得られる気づきもあるはずです。うまくいっている人の考え方や行動も学ぶ機会にもなりますね。

この時、気をつけることは損得感情で行動しないことです。自分のためではなく、純粋に他人のために動くというのがポイントです。

次のために準備をする期間だと思う

今のままではどうにもならない時には、別のことを考えます。目の前の状況を言い訳にして、何もしない状態を続けるのは、楽ですが、何も変わりません。例えば、「やろうと思っているけど・必要だと思っているけど」まだやっていないことってありませんか?今、あなたの頭に浮かんだことに、ぜひ挑戦してください。そして、少しずつ自ら成長を実感してみてください。ちなみに成長とは、今までできなかったことができるようになることです。

この場を使って私も宣言してしまいます。noteでの発信も始めます。

こうやって誰かに宣言してしまうのもおすすめです。何か動いてみると誰かの反応があったり、応援してもらえたり、自分だけではなくまわりも変わって行きますよ。

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

ひろ子ママのこれまでの記事はコチラ

 

ひろこママ(ホワイトver)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろこ」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/


検索