50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
07/04

個人事業主や副業・副業で活かせるお役立ちクラウドサービス【お金&契約編】


多様な働き方に合わせて業務効率化に有効なクラウドサービスを紹介している「個人事業主や副業・副業で活かせるお役立ちクラウドサービス」シリーズ。

雲の絵の中にどこでもドアのようなドアが描かれている絵

個人事業主や副業・複業で活かせるお役立ちクラウドサービス【コミュニケーション編】>>

個人事業主や副業・複業で活かせるお役立ちクラウドサービス【情報&ファイル共有編】>>

 

副業・複業、兼業、個人事業主、フリーランスなどの形態で働いている方にとって、請求書の作成や契約の締結は、手間がかかる業務だと言えます。最終回となる今回は、お金や契約に関する便利なクラウドサービスについて紹介していきたいと思います。

個人事業主に人気の「freee」

個人事業主に人気で、クラウド型会計ソフトのシェア1位を誇っているのがfreeeです。自動で帳簿がつけられるのが、大きな特徴です。銀行口座やクレジットカードと連携させておけば、月末には自動で収益レポートが作成されます。

どこでも簡単にデータが共有できるので、外出先でも自分のスマホやタブレットからfreeeのアプリを開き、記帳できます。領収書を撮影するだけで処理ができるので、移動中でも経費の登録が簡単にできます。

Windows専用の会計ソフトが多い中、MacのPCでも使用できるのも、Mac利用者には嬉しいポイント。

スタータープランは月額980円(年払い9800円)で基本的な仕訳や確定申告・決算書の作成が行えます。freeeの最も代表的なプランであるスタンダードプランは月額1980円(年払い198000円)で資金繰りレポート、現預金レポートなどが閲覧できるだけでなく定期請求・合算請求にも対応しています。月払いに対応しているので手軽に導入しやすいサービスとなっています。

自動仕訳に強いやよいの「青色申告オンライン」

青色申告オンラインはセルフプランなら1年間無料で使用できるので、サービスの内容をしっかりと吟味してから有料版に切り替えられるのが魅力的です。青色申告オンラインは、データの自動取り込みや自動仕訳を得意としています。

青色申告オンラインは、確定申告書の作成・計算・印刷までを完全にサポート。画面に従って、収入や経費のデータを入力するだけで、控除額も自動計算し、申告書を作成してくれます。

作成した書類はプリンターで出力し、そのまま税務署に提出できます。e-Taxをやっている方は、ネット経由で申請も可能です。

料金プランは、セルフプランとベーシックプランの2つ。
セルフプランは、初年度は無料ですべての機能が利用できます。有料のベーシックプランは、セルフプランの機能に加えて、24時間365日いつでも対応可能なメールサポートやチャットや電話でのサポートなど、手厚いサポートが用意されています。困った時に迅速に対応してもらえるので、安心して使えるのではないでしょうか。

無料が嬉しい「misoca」

misocaは見積書、納品書、請求書を無料で月5通まで作成できます。豊富なデザインテンプレートからデザインを選択できるだけでなく、ご自身の印影やロゴを入れてオリジナルの見積書などが作成できます。

misocaのメリットは、1分で請求書を作成できるほど、操作が簡単なところ!必要な情報が明確で、金額を自動計算できるテンプレートもあるので、初心者でもボタンひとつで簡単に請求書などが作成できます。

作成した請求書を郵送したり、メールで添付したり、PDFでダウンロードするのも、すべてボタンひとつ!また、「freee」や「やよいの青色申告オンライン」とも連携しているため、組み合わせて使うことで確定申告も簡単に行えます。取引先の登録数に制限もありません。

遠方の方との契約に最適な「CloudSign」(クラウドサイン)

CloudSign(クラウドサイン)はクラウド上に契約書を保存しておき、その契約書を当事者が閲覧して契約締結ができるサービスです。契約書を受け取り合意する側は、CloudSignのアカウントが必要ないため、受け取り側の煩わしさもなく、効率的に契約が結べます。

「押印」による電子署名ができるので、スピーディーに契約締結ができます。印紙代も不要なので、コスト削減にもつながります。

ミドル・シニア世代の方のとって、契約書や見積書などが紙媒体でないことに不安があるかもしれません。しかしインターネットが繋がってさえいれば確定申告、見積書の作成、契約の締結ができるため、移動費や移動時間の削減につながります。簡単に作業できるサービスが多いので、経理業務初心者でも使いやすいのが一番のメリットでしょう。

時間や手間のかかる、お金や契約に関する資料の作成を、確実かつ簡単に支援してくれるクラウドサービスは、フリーランスや個人事業主にとって、強力な武器になるのではないでしょうか。