50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
01/19

気軽に始められるちょっと変わった副業4選!? ~その4:覆面捜査員~


独断と偏見で選ぶちょっと変わった副業シリーズ。最終回は「覆面調査員」をピックアップ。「ミステリーショッパー」とも呼ばれるミドル・シニアにも人気の仕事です。詳しく紹介しましょう。

キャリア50-127

どんな仕事?
覆面調査員」は飲食店、ホテル、美容院などに行きサービスを受け、事前に指示された項目をチェックし、レポートにまとめて報告します。宅配デリバリーや保険営業の調査もあり、これらは在宅でも可能です。

チェック項目は多く、飲食店なら、メニューが写真通りに盛り付けられているか、店員の対応や清掃状態は適切か、味についての感想、食事が提供されるまでの時間、店舗の外観など多岐にわたります。世界中の飲食店をランク付けしている某ガイドブックの調査員のようですよね。どんなにチェック項目が多くても「覆面」調査員ですから、調査していることを気付かれてはいけません。従業員の目の前でレポートを書く、あからさまにメモを取るなどはNGです。

気になる報酬は、1件につき数千円程度。高額ではありませんが、飲食費や宿泊費など調査にかかる費用は支給されることがほとんどです。ランチタイムに飲食店で、出張時のホテルで、保険の見直しも兼ねて週末に自宅で保険営業の調査など、本業への負担も少なく済みます。自己負担ゼロ、または安い価格でサービスを受けられ報酬も手に入る、楽しくてお得な副業と言えるでしょう。

どうすればなれるの?
では、どのようにしたら「覆面調査員」になれるのでしょうか。アルバイトとしてリサーチ会社が募集していることが多いので、まずは登録してみましょう。多くの案件の中から自分が興味のある分野や行ける範囲の店舗、依頼内容を調べ応募します。人気があるものは抽選になることも。調査依頼が来たら、調査する項目をしっかり把握してから実際に調査を行います。最後にレポートを提出し業務完了、報酬が支払われます。

誰でもできる簡単な仕事ではありますが、観察力や記憶力のある人、客観的な視点からサービスを捉えられる人、従業員のトラブルへの対応を確認するために、ちょっとした演技ができる人に向いていると言えるでしょう。

4回に渡りあくまでも本業以外で働く経験として、独断と偏見で副業を4つ選んでご紹介しました。他にも、ちょっと変わったものとして結婚式の代理出席やクロスワードパズル作家、週末農業、賞状の筆耕、愚痴聞きなどさまざまです。視野を広げる意味でも、気軽に副業を始めてみませんか。