50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
09/10

副業を考えたい方必見!人手不足業界から今後を考える


副業を考えたい方必見!~人手不足業界から今後を考える(序)~でもふれましたが、仕事の需要はあるものの、十分なスキルを持っている人が少ないために人手不足に悩む業界のひとつにIT業界があります。今回は人材難が強く心配されているIT業界の現状と展望について紹介します。

キャリア50-122

 

成長産業だからこそ?慢性的な人手不足のIT業界

情報通信技術(ICT)の飛躍的な進化にともない、IT技術が必要とされる産業分野が急速に拡大しています。IT技術者へのニーズはあらゆる産業で非常に強く、優秀な人材は常に引っ張りだこ。雇用側は慢性的な人手不足に悩まされています。

副業OKのIT系企業

いまや「副業OK」にしないと、優秀な人材を採用することができないとも言われているIT業界。大手企業でも副業を解禁したり推進するようになっています。リクルート、サイバーエージェント、LINEなど名だたる企業も副業OK。

むしろ、スキルアップや人脈拡大などのために活用するといった趣です。社員が副業をするのもOKなら、副業メンバーを受け入れることにも積極的。仕事の内容も多岐に渡り、IT系エンジニアからWebデザインなどのクリエイターまで幅広い求人募集があります。まずは、ご自身のキャリアにあった案件があるかチェックしてみるといいかもしれません。

本業がIT系のミドル・シニアには特にお勧め!

優秀なITエンジニアの数を上回るニーズがあるため、今後はプロジェクトごとに適切なスキルを持つエンジニアを募集する、といった時代になると考えられています 。ITエンジニアは、場所や時間を選ばずに働くことができるという利点もあります。人脈やクラウドソーシングで 仕事を見つけ、週数回勤務を組み合わせるなどという働き方も現実的。

育成やマネジメントの経験があれば、講師として働いたり、ブログ収入を得たり、有料記事コンテンツの販売などで収入が得られる可能性も。こういった活動では人脈や知名度があると有利、SNSを上手に活用しましょう!

他にも自ら起業してアプリ開発を行い、事業を育てつつ本業で生活を支えている人もいます。今は知識とアイデアさえあれば、個人や少人数でもさまざまなサービスを提供できる時代。本業でアプリ開発に携わった経験があれば、副業にも大きく活きてきます。

ITエンジニアは売り手市場。必要なスキルがあれば新たな仕事を見つけやすく、多様な働き方の実験場にもなっています。ITスキルと経験のあるミドル・シニア世代の方にとっては、副業やパラレルワークはさまざまな仕事に参加することで最新のテクノロジーに触れる機会にも。収入アップだけでなく、スキルアップも可能な副業、ぜひ積極的に検討されてはいかがでしょうか?