2021
10/08

50代からの未経験転職、おすすめの職種〜50代からのちょっとワガママな生き方~Vol.72〜


初心者 未経験 転職

「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」。50代のお客様に寄り添ったアドバイスを提案申し上げます。どうぞお耳をお貸しくださいませ。

 

こんにちは。ひろ子ママです。

 

昨今では、新卒から定年まで一つの会社で働き続けるというような雇用のケースが変わりつつあります。昭和の時代は、50代で転職するケースは稀でしたが、現在では40代、50代で転職する人のほか、60代から転職するケースもちらほらと。そこで今回は50代からの未経験転職におすすめの職種を紹介します。

 

50代から未経験の職種に転職するということは?

一般的に「未経験の転職は35歳まで」と言われますが、残念ながらその通りです。30代の求人数に比べると「50代でも未経験OK」な求人数はかなり少なくなります。50代にはこれまでの仕事の経験を通じて即戦力として求められることが多いため、なかなか未経験OKな求人がない状態なのです。

採用する企業側の立場に立って考えてみると、「新しいことを覚える仕事」となるとやはり物覚えの良い若い人を採用しますよね。とは言いつつも、この先70歳、80歳と働く期間が伸びていくことを考えると、50代未経験は新しいキャリアを築く機会にもなりそうです。

50代からの未経験転職におすすめの職種

営業・販売

営業・販売職は、これまで職場や人生での経験や、長年培ってきた「観察力」「臨機応変に対応する力」を活かしやすい職種です。営業する商材の知識は入社後に身につけることが多いため、50代未経験でも挑戦しやすいでしょう。これまで営業経験のある方は、培ってきたスキルや人脈も活かせることもあるかもしれません。

また、店舗販売などの接客業も物腰の柔らかいコミュニケーションなどが、お客様への安心感に繋がることもあります。

介護・福祉関係

介護業界は人手不足で、積極的に未経験採用を行なっている業界なので、50代の未経験の方も挑戦しやすい職種です。働きながら「介護福祉士」や「ケアマネージャー」の資格取得などを通じてキャリアアップも目指せます。

ビルメンテナンス

ビルメンテナンスのお仕事です。電気、空調のメンテナンスや、電気、ガスメーターの記録や管理、設備の点検など仕事内容は幅広いです。技術的な資格を持っていると重宝されることもありますが、大がかりな修理は専門の業者が担当するので、主に、その手前の設備の点検や管理の仕事を担当するというイメージです。

50代、未経験転職のリスクも理解しておこう

上記のように50代からでも未経験転職が可能な職種がありますが、やはり未経験転職は簡単なことではありません。あらかじめリスクを理解した上で挑戦しましょう。

雇用形態が変わる可能性があること

未経験からのスタートなので、正社員ではなく、非正規雇用になる可能性もあります。また、ボーナスがない、月収が下がるなど前職よりも収入が減る可能性もあります。

転職活動が長期化する可能性もあること

50代未経験OKな求人には30代や40代など、若い層も応募している可能性が高いです。採用の優先度は30代、40代の方が高いこともあるので、思い通りに転職活動が進まない可能性もあります。長期化することもあるので、転職期間中の収入の確保など余裕を持って転職活動に望みましょう。

 

人生100年時代において50代はちょうど折り返し地点です。50代からの未経験転職は、新しいキャリアをスタートさせるきっかけやチャンスにもなります。ただ、やはり厳しさやリスクは伴いますので、じっくりと転職に向き合うことが必要ですね。

 

「明日もきっといい日になりますよ」ひろ子ママでした。

 

▶ひろ子ママのこれまでの記事はコチラ

ひろ子ママ(ホワイトver.)
「50代からのちょっとワガママな生き方」を準備する、仮想スナック「ひろ子」のオーナー
鳥取県生まれ、東京都在住。多拠点生活に向けて活動中。
ブログ:https://snackhiroko.hatenablog.com/
不動産業界での営業、教育業界でのコーディネーターなどを経て、組織や人材開発に携わりながら、コーチングも行っている。

【こちらもよろしければどうぞ】ひろ子ママ(ブラックver.)
https://www.j-cast.com/kaisha/carrier/hirokomama/

 


仕事を探す
会員登録