50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2021
03/01

専業主婦におすすめの内職5選を紹介!自分に合う内職を見極めよう


家事・育児が忙しく、外で働きたくても働けないという専業主婦の方は多いでしょう。

そんな方におすすめなのが内職のお仕事です。

一人でコツコツと進める内職なら、家事・育児などのスキマ時間に、お金を稼ぐことができます。単純作業が多く、特別なスキル・経験が必要ないのも嬉しいポイントです。

本記事では、専業主婦にとくにおすすめの内職4選を紹介していきましょう。

専業主婦におすすめの内職5選

専業主婦におすすめの内職は以下のとおりです。

  • 検品
  • 梱包
  • シール貼り
  • 縫製・手芸
  • テープ起こし・データ入力

それぞれ順番に紹介していきます。

検品

検品は店頭に並ぶ前の新品または中古品に、不備がないかをチェックするお仕事。細かい作業などは必要ないため、手先の器用さに自信がないという方におすすめです。

その分、商品一つひとつの不備を見逃さない注意深さと集中力が必要になります。淡々と作業をするのが得意な方に向いている内職といえるでしょう。

報酬の単価は1個10〜100円前後が目安になります。家に商品を置くスペースを確保する必要があるため、事前にチェックしておきましょう。

梱包

梱包は商品を店頭に並べられるように、箱や袋にパッケージングするお仕事です。細かい作業、単調な作業が苦にならない方に向いている内職といえます。

単価は検品と同じく10〜100円ほど。また商品に加えて、箱・袋などを置くためのスペースが必要です。

工夫次第では作業時間を大幅に短縮できるため、忙しい専業主婦にぴったりの内職といえるでしょう。

シール貼り

シール貼りは商品の箱などにラベルやバーコードなどのシールを貼るお仕事。

出来高制の場合がほとんどで、単価は内容によってまちまち。基本的には0.1〜3円が相場です。

高収入を得るのは難しいものの、手先が器用な人であれば、初心者でもスムーズに仕事をこなしていけます。

スペース確保が必要な点は、検品・梱包と同様です。また商品の受け取りや納品のために、外出しなければならない可能性もあります。

縫製・手芸

素材を受け取り、指示にしたがって縫い合わせたり、刺繍を施したりする内職です。

難易度によるものの、ほかの内職と比べると高単価なのが嬉しいポイント。場合によっては、時給換算で1000円以上の報酬を得ることも可能です。

その分、ある程度のクオリティが求められます。洋裁学校を卒業した方、過去に縫製の仕事をしたことがある方におすすめといえるでしょう。また自宅でミシンを使用できる環境が必要な場合も少なくありません。

テープ起こし・データ入力

タイピングが得意であれば、テープ起こしやデータ入力の内職も選択肢のひとつになるでしょう。

決められた文字・数字を入力するだけなので、文章を考える必要がなく、初心者からでもはじめることができます。また他の内職と違い、商品を置くためのスペースを確保しなくて良いのもメリットです。

報酬単価は、テープ起こしなら再生時間1分につき200円前後、データ入力であれば1文字0.1〜0.5円ほどが相場になります。

まとめ:自分に合った内職を探そう!

以上、専業主婦におすすめの内職を5つ紹介しました。

内職は作業内容によって相性があります。できるだけストレスなく、効率的に報酬を獲得するためには、自分に向いている内職を見つけることが重要です。

実際に試してみないとわからないことも多いため、まずは期間を決めて、気軽に試してみてはいかがでしょうか。いくつかの内職を経験するなかで、自分に向いている作業内容が見えてくるはずです。