50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
12/18

実は活かせることがたくさん!主婦・育児経験が強みになる副業3つ


「子育ても一段落したし、何か仕事を始めたい。でも、ブランクが長すぎて自信がない…」
「第一線から離れて久しいけれど、私にもできることはあるのかな?」

家計を支えたり、生きがいを見つけたりするために、何か仕事を始めたいと思っている主婦の方も結構多いのではないでしょうか。そんなときによく挙げられるのが、冒頭の悩み。

実は主婦や育児の経験があるからこそ、活躍できる仕事があるんです!ここでは具体例を3つご紹介しましょう。

主婦・育児経験が強みになる副業

1. 家事代行

掃除や洗濯、料理、買い物など。時間がないなどの理由で、自分でできない人の代わりに家事をする仕事です。長年家事をしてきた主婦としての経験をそのまま活かせます。会社勤めと違って、1日のうちの数時間など、空いている時間の中で調整できることも魅力です。

懸念としては、家事代行の仕事に限らずですが、依頼相手との相性があります。自宅というプライベートエリアでの仕事になるため、より相性が大切になってきますし、器物破損といったトラブルにも注意する必要があるでしょう。

仕事探しには、知り合いの紹介や自分で営業をかけるなどの方法がありますが、近年は家事代行を依頼したい人とのマッチングサービスなども多くの企業が展開しています。未経験OKのところも多いようですので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

2. ベビーシッター

育児経験のある方におすすめなのが、ベビーシッター。親の代わりに子どものお世話をする仕事で、その対象は赤ちゃんから小学生くらいまで幅広いです。若い親からすると、子どもを育て上げた経験を持つ人によるサービスは、安心感を覚えるよう。家事代行と同様、働く時間を調整しやすいことが魅力である一方、子どもや親との相性に大きく影響されます。大切なお子さんを預かるという責任感の強さが求められるでしょう。

家事代行と同じように、ベビーシッターについても、様々な企業がマッチングサービスを展開中です。「子どもが好き」「育児経験を活かしたい」人は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

3. ライター

自分が好きな時間にできるライターの仕事。在宅でできるので、ワークライフバランスも両立しやすく、負担なく始められるでしょう。ママ向けメディアなど、育児経験を持つライターの募集をしているところも多いです。「文章を書くのが好き」「育児の知識や経験をフル活用したい」人には、ぴったりの仕事でしょう。

「育児 ライター 求人」のキーワードで検索したり、クラウドソーシングサイトに登録したりして、仕事を探す方法があります。個人ブログをコツコツ続けていたらメディアから声がかかって仕事につながったという人も中にはいるようですよ!

自分ができることを無理のない範囲で

ブランクが長い人がいきなり未経験の仕事にチャレンジするのは、なかなかハードルが高いこと。まずは、家事や育児の経験を活かせる副業をするなど、自分ができることをちょっとずつ無理のない範囲でスタートしてみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね。


検索