50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
12/09

50代で転職を成功するために!キャリアの他に必要なもの4つ


現在50代〜の転職市場のシェアが広がり、「まだまだ働き盛り!」「人生これから」と、元気なミドル世代が増えてきています。しかし、実質的には50代という年齢からキャリアや実績を重要視する企業側は多く、その他にもミドル世代ということであらゆる観点から採用を決めます。 今回は、50代で転職成功を勝ち取るために、キャリアはもちろんその他にも必要なもの4つをご紹介します。

1. 即戦力として使えるかどうかがカギ!

50代での転職は中途採用が多いので、入社してすぐに即戦力につながるかどうかが採用のカギを握ります。 これまで培ったキャリアが活かされる場でもあるので、できれば50代からの転職は新しいことにチャレンジするよりも、同業や得意分野の仕事を選ぶことがおすすめです。また、同業といえども企業によってやり方やルールが異なるので、すぐに柔軟に対応できる能力や職場の仲間・取引先の方などとすぐに馴染むことができる対人スキル能力も必要とされます。

2.体が健康かどうか

「まだまだ自分は働ける」「バリバリできる」と心では思っていても、体は思っているよりも衰えているものです。ミドル世代になってくると体の不調が出始める人も多く、不調を抱えながら仕事をしている人は少なくありません。 企業側は会社にとって有力な人材を必要としているので、健康体であるかどうかは採用に大きく影響するはずです。 定期的な人間ドッグや健康診断などを怠らず、求職中であっても規則正しい生活を送るよう心がけることが大事です。

3.身だしなみに気をつける

「身だしなみ」は社会人の常識!今さら言われなくてもわかっている… そのつもりでも、実は年齢を重ねるにつれて体型が変わり、自然と前かがみの姿勢になってきます。また、加齢による髪のパサつき、お肌のたるみやくすみといったことにも直面してきます。まだまだ社会で活躍するために、姿勢を良くするトレーニングや表情筋を鍛える、入念なスキンケアなど意識を高めることが大事です。

4.初心に戻って謙虚な気持ちを持つ

ミドル世代はこれまでのキャリア経験を持って転職する人が多いと思います。 これまで培ってきたキャリア経験は財産となっていることでしょう。しかし、転職先で「前の会社ではこうだったから…」という固執した考え方を持っていると、仕事も人間関係もうまくいかなくなることがあります。 キャリア、プライド…なかなか捨てることは難しいですが、「ちょっとやりにくいな」と思われる世代でもあるので、初心に立ち返って謙虚な姿勢でいることが転職成功のコツでしょう。 また、プライドを捨ててわからないことは何でも聞く、自分で調べる、人脈を広げるなど積極的な行動も、ミドル世代の転職において大切なことです。

ミドル世代の転職はキャリア以外も見られる

50代〜のミドル世代の転職はキャリアや実績以外にも、見た目や体の調子などミドル世代ならではのチェックポイントがあることを知っておきましょう。 経験豊富さゆえに、それだけを武器にしていると転職は成功しません。 キャリアがあっても、転職先の会社がミドル世代に求めるのは即戦力です。企業がどのような人材を求めているのか、今の自分にはどんなことができるのかを明確にすることが大事です。 また、初心に戻って謙虚な気持ちでいることはどの世代であっても好感が持てますが、キャリアがあるミドル世代ならもっと好感度が上がるはずです。  

 

【執筆者】道面 梓

フリーライター。大手アパレル企業で10年間バイヤー・企画を経て、結婚、出産、育児、ライターの道へ。現在は主婦をしながらの活動で、様々なwebサイトや出版社で活躍している。3日で4PVや、ランキング1位などの実績を積み上げている途中。
周りにとても素敵でパワフルな50代の方、素敵な50代を迎えようとしている方が多く、「こんな50代になりたい」と思う日々。


検索