50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
01/22

副業を考えたい方必見!~人手不足業界から今後を考える(3:サービス業界)~


人手不足業界から今後を考えるシリーズ。これまで人手不足の業界として、運輸・倉庫業界、介護福祉業界を取り上げました。今回は慢性的な人手不足に悩むサービス業について見てみます。

サービス業は年中無休で営業している店舗もあり、忙しく休みのとりづらい業界というイメージがあります。短時間勤務など、副業的な働き手へのニーズが強いとみられますが…。

キャリア50-120

人手不足が続く見込みのサービス業界

サービス業界の人手不足は、これからも続きそうです。経済産業省「商業動態統計」によれば、平成28年の家電大型店販売額は前年比3.4%の増加。冷蔵庫や洗濯機の買い替え需要増加、および4K・8Kテレビの販売増などの影響により家電大型店の販売額は今後も増えるとみられています。

販売額の増加に伴い人手不足も加速すると考えられる小売り業界。ドラッグストアの商品販売額も前年度と比較して約6.8%増えており、店舗数も前年度比約4.7%の増加となっています。ホームセンターでも、約1.5%の店舗数増加となっているため、従業員確保に向けた採用市場の厳しさが増していくと見込まれています。

改善されつつある労働環境

営業時間を顧客のニーズに合わせたため、祝休日の出勤や無理なシフトがあるなど労働環境があまりよくないイメージがあったサービス業界ですが、近年変化しつつあります。24時間営業を取りやめるファミリーレストランやコンビニエンスストア、年末年始を休みとする小売り店も増加傾向。労務管理をきちんと行い、サービス残業を無くすなど、労働環境は少しずつ改善されてきています。

未経験からでもプロになれる業種

サービス業界は、「未経験からでも可能」となっている求人も多く、ミドル世代で新しく経験を積みたい方にとって飛び込みやすい業種と言えるでしょう。未経験でも、接客をはじめ店舗の運営に関する知識を身につければ、エリアマネージャーへの昇進や将来的な独立も可能になります。サービス業界はシフト制を採用している企業も多く、ある一定の出勤日数をクリアしていれば、副業や兼業可の場合も多いので複業したい人にはお勧めの業界です。

サービス業界での副業で身に着けられる接客スキルは、他の仕事にも生かせます。自分の興味のあるジャンルの販売、サービス業なら楽しんで仕事ができるのではないでしょうか。人と接することが好きな人、お客様の喜ぶ姿が見たいという方は、サービス業界での副業・兼業を検討してみてください。