50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
10/07

これまでの転職活動では通用しない!シニア世代の仕事の見つけ方


「新しい環境でチャレンジしたい」「今の自分に合った働き方をしたい」など、シニア世代のみなさんは転職を考えるとき、どのようにして仕事を探しますか?

社会や企業がシニア世代に求めること、そしてシニア世代だからこそ発揮できる力をしっかりと理解しないまま転職活動をすると、なかなか仕事を見つけられなかったり、転職後にミスマッチを感じてしまうかもしれません。ここでは、シニア世代の仕事の見つけ方のヒントをご紹介します。

シニア世代であることを意識した転職活動を

シニア世代向けの求人サイト・人材紹介会社を活用する

求人情報を探すといえば、真っ先に求人サイトや人材紹介会社の活用を思い浮かべる方も多いでしょう。転職活動自体が初めての方のために、まず求人サイトと人材紹介会社の違いを簡単に説明します。

求人サイト

求人情報や転職ノウハウなどが掲載されているサイト。求職者はサイトの中から自分で求人を選び、企業に直接応募します。

人材紹介会社(別名:転職エージェント)

求職者と求人企業の間に人材紹介会社が入り、双方にとって最適な出会いを提供します。応募から面接日程決定、内定後の交渉といった一通りの手続きを人材紹介会社が求職者の代わりに対応します。

 

求人サイトと人材紹介会社、それぞれにメリット・デメリットはありますが、何でも自分で決めたい場合は求人サイト、何をしていいか・自分に何が合っているかわからない場合は人材紹介会社を使うとよいでしょう。

また、これらを利用するときは、シニア世代の求職者向けのサービスかを確認する必要があります。シニア世代の支援に特化しているサービスであれば、社会や企業が何を期待しているかなどリアルな情報が手に入り、人によってはボタンの掛け違いに気づけるかもしれません。

現役時代のコネを活かす

若い年代よりも、仕事を通じた人脈が豊富なのもシニア世代の特徴。あなたの仕事ぶりや人間性を熟知している人からの紹介であれば、お互いに信頼できるでしょう。自分が仕事を探していることを普段からアピールすることをおすすめします。

資格は経験を補うものを

「何か資格をとれば転職に有利になるのではないか」と思っている方も多いのでは?しかし、資格は取得するのには時間やお金がかかりますし、取得後も更新料を支払う必要があるものも多く存在します。

何よりもどんな資格であれ、「資格を取得した = 仕事が見つかる(お金になる)」は安易な考え方です。趣味や教養としてだけではなく、仕事につなげたいのであれば、全く未経験の分野ではなくこれまでの経験を補うものの取得を検討しましょう。
参考までにこれまで重ねてきた実務経験を補うものの一例として、次のような資格が挙げられます。

  • 中小企業診断士
  • キャリアコンサルタント
  • ファイナンシャルプランナー

 

シニア世代に限らず、資格を持っているだけで実務経験を伴わない人には、よほど教育体制が整っている企業は別として、仕事をお願いすることは難しいのです。例えば、運転免許は持っているけれど普段運転をしていないペーパードライバーの人に、ドライバーとしての仕事をいきなりお願いはできませんよね。

経験が浅いと感じられる方は、資格取得と同時にボランティアや副業などで、少しずつ実務経験を積んでみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね。