50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2019
02/14

副業は分野でアプローチせよ~その④ネット系〜


副業を始めたいけれどイメージが掴めないという方向けにCareer50の視点から副業・複業を分類しご紹介する「副業は分野でアプローチせよ」シリーズ。最終回となる今回は「ネット系」分野について見ていきましょう。

インターネットおよびスマートフォンの普及により、どこでも手軽にインターネットが使えるようになりました。多くのネット系副業は、労働時間の融通が利くことが多く、パソコン・スマホ・ネット環境があれば仕事を始められます。最近では、ネット系副業の求人情報もあるので、さまざまなライフスタイルを持つミドル・シニア世代の方には始めやすい副業だと言えるでしょう。

キャリア50-164

ネット系副業で一般的なアフィリエイト

アフィリエイトとは、自身が運営しているWEBサイト上で広告主の商品やサービスを紹介し、そこから商品購入に至った場合に、広告主からサイトのオーナーに報酬が支払われる仕組みです。場所や時間を選ばずにできる仕事として、ネット系副業で最も知られた職種だと言えるでしょう。アフィリエイトを始めるには広告仲介業者(ASP)に登録する必要がありますが、中には管理がずさんで報酬が支払われないASPもあるので注意が必要です。WEBサイトも「作ればOK」というものではありません。安定した収益にするためには、サイトの内容も充実させる必要がありますが、自分のかけられるエネルギーに応じて仕事ができるのがメリットです。

知的労働系の職種、ライティング

本を読むのが好き、情報収集が得意、文章を作成するのが苦でない、タイピングが速い方にお勧めなのがライティングです。テーマに沿った内容でルールに沿って記事を執筆していく仕事で、やった分だけ確実に収入につながる副業でもあります。ライティングは初期投資を抑えて始められる仕事ですので、初期投資と言ってお金を徴収する会社には気を付けましょう。コンテンツマーケティングが急拡大しており「書くお仕事」は増加中!「ライター」のお仕事は副業入門にぴったりです。

イベントを拡散させるパーティーオーガナイザー

パーティーオーガナイザーは自身のWEBサイトを通じ、イベントなどの催し物の宣伝をして集客を代行する仕事。「情報を拡散する」のが主な仕事なので場所や時間を選ばず、場合によってはそれほど多くの時間を割かずにできる仕事です。一方で、悪質なパーティやイベントも存在するので、拡散して問題ないイベントかの見極めを。元手がかからず、リスクの少ない仕事ですが大きな収入にするのは難しい側面もあります。楽しみながら、ノウハウの蓄積につなげていきましょう。

時間や場所に囚われずに仕事ができるので人気が高いネット系副業ですが、反面副業詐欺が多いのもこの分野です。ネット上のさまざまな謳い文句に流されず、安全性を見極める経験や知識を持つことが大切です。また人気があるのは競合が多いということ。稼ぐためには常にスキルアップに努め長期的な視点で取り組むことを心がけましょう。