50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2020
08/18

50代で未経験からプログラミングは習得できる?学ぶ方法とは


プログラミングを学べる場所が増えてきています。今まで大学や専門学校で学んでいたのが、プログラミングを学ぶ教室ができたり、オンラインで講座を受講できたりするようになりました。こうした流れの中で、若い人はプログラミングを学び始めています。

では、50代でプログラミングを学べるのでしょうか。この記事では50代でプログラミングを学ぶ方法について紹介します。

IT人材を求める企業が増えている

現在 IT 人材はかなり不足しています。そのため IT人材を育成するため、日本でもプログラミング教育が始まっています。 企業側も IT人材を育てる方向へ向かっているところもあります。またベトナムなど海外のプログラマーに仕事を依頼している企業も多いです。こうした現状の中で、先ほども述べたように、 プログラミング教室やオンラインでのプログラミング講座が増えてきているわけです。

50代未経験でもプログラミングを習得することはできるか

プログラミング教室に通っている年齢層を見てみると、やはり若い世代が多いです。しかし年齢が高いからといって、プログラミングを習得できないかというとそうではありません。50代であっても十分プログラミングを習得することはできます。

ただしプログラミングを習得することと、現場でプログラマーとして活躍することはまた別の話です。一人で簡単なアプリを作ってみるという話であれば、勉強してプログラミングすることもできるでしょう。しかし仕事にプログラミングを役立てるとなった場合、なかなか難しいというのが現状です。

今の開発の現場は、一人ですべてを行うというわけではなく、チームで分担しながら開発を行っています。若い人であれば企業としても育てる方向になりますが、50代となるとどうしても即戦力と考えられ、どちらかといえば開発というよりも管理の方の能力を期待されるでしょう。

しかし現場で開発に携わらなくても、プログラミングを学ぶ意味はあります。現在、出退勤はじめ、システムを導入している会社が一般的です。プログラミングについて基本的な知識があるだけでも、仕事に役立ちます。

50代未経験がプログラミングを学ぶ方法は?

では50代でプログラミングを学ぶにはどのような方法がよいでしょうか。 私はスクールに通うか、もしくはオンライン講座を選択するのがよいと思います。

独学でもプログラミングの勉強はできますが、どうしてもわからない所が出てきます。そうした時にすぐに質問できる体制であった方がよいです。あと意外と多いのですが、本のプログラミングが間違っていて、その通りにプログラミングしても動かないこともあるんですね。

プログラミングの場合、どこが間違っているかわからなくなると、まったく前に進めなくなることがあります。意外とバグは単純なミスであることが多く、プログラミングを理解している人が近くにいれば、簡単に解決できることも多いのです。

ただしプログラミングスクールはかなり増えてきていて、どれが優れているのかわからないと思います。また何の知識もない状態でプログラミング教室を体験しても、そのやり方が本当に正しい指導なのかどうかわからないでしょう。

そのため、教室に通ったり、オンライン講座を受講したりする前に、簡単なものでもいいのでプログラミングの本を読んでおきましょう。少しでも知識を身につけておけば、プログラミング教室やオンライン講座を選択する際に役立つはずです。

また50代でプログラミングを学ぶ優位な点は、今まで関わった人を調べてみれば、プログラマーがひとりはいることです。近くにプログラミングをできる人がいたらぜひアドバイスをもらってください。とくにどの教室に通ったらいいか、どのオンライン講座を受講したらいいか迷った時は相談してみましょう。

プログラミングの仕組みを知るだけでも十分!

プログラミングを学んだら、プログラミングで開発できなければならないというわけではありません。先ほども述べたように、 プログラミングの仕組みを知っているだけでも仕事に役立ちます。そういう意味では一般教養として理解するくらいの気持ちで、気軽にプログラミングを学んでみてはどうでしょうか。

福井俊保

プログラミング教室スモールトレイン代表

大学院で研究するかたわら、中学受験の指導を始める。指導歴は約20年。

現在はプログラミング教室スモールトレインで代表として、プログラミングの指導と中学受験の指導をしている。著書に『AI時代に幸せになる子のすごいプログラミング教育』(自由国民社)がある。

福井さんの他の記事はこちらから


検索