50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ
2018
12/11

ボーッ…とはしてません!「死ぬ瞬間の後悔」〜55歳の退職ストーリー(8)〜


「55歳の退職ストーリー」前回はこちら

ずいぶんご無沙汰しました。

冬らしい寒さ到来ですが、いかがお過ごしでしょう?チコちゃんじゃないですが、ボーーーーっとしている間に12月です。3週間で今年も終了。年が明ければ、いよいよ退職日間近、マジか!(しょーもな)

ミーティング

さて、ボーっとばかりしてたわけじゃありません、いくつかご報告や思ったこと書きたいと思います。

キャリアカウンセリングコース卒業!

まずは、12月1日にキャリアカウンセリングコースを卒業しました。途中のロープレでは5段階評価の1を取って凹んでいたのですが、最後のロープレでは5を頂きました。

学んだことをひと言でいうなら「とにかく聴く」「ジャッジしないで聴く」「聴いて受け取ったことをシャープに返す」ってことかしら・・・これが社会人経験長いと(特に上司歴長いと)難しい。

学科の範囲も相当なものなので、年末年始は久しぶりに受験勉強です。3月の国試はイッパツ合格目指します!

死ぬ瞬間の後悔って…

こんなブログを見つけました。

2019年の春から石垣島に移住することを決断しました^ ^ ずっと憧れだった移住を実現させようと思ったのは、自分の死をリアルに想像してみたから。

…大丈夫かこいつ。

このブログの初回にも似たような話を乗っけたのですが、『The Top Five Regrets of the Dying(死ぬ瞬間の5つの後悔)』

1位:人の期待に応えるのではなく、もっと自分が望むように生きるべきだった
(描いていた夢の半分も実現できなかった)
2位:あんなに一生懸命働きすぎなければよかった
(小さかった子供や自分の伴侶ともっと一緒に時間を過ごすべきだった)
3位:もっと自分の素直な感情を表に出すべきだった
(波風を立てぬよう感情を押し殺してきた、可もなく不可もなく終わってしまった)
4位:もっと友達を大切にすればよかった
(忙しくて、連絡が途絶えてしまった友達たちに再会できなかったことへの後悔)
5位:自分をもっと幸せにすればよかった
(周りの人にどう思われるか気にしすぎて、自分のやりたいことをやれなかった)

ブログの主は、この後悔を読んで「真剣に自分の死をイメージして瞑想した」そうです。(死をイメージして瞑想…凡人じゃないな)

その結果、「もっと自分の価値観を大切にしたい!!社会的な評価よりも、家族との時間を大切にしたい」ということで、移住と相成ったそうです。この人、若いけどそこそこ成功してて、それを捨てて移住を決断したっぽいです。

皆さんは、何か思うとこありますか?

ネクタイ

おまけ。

と、先日「服飾戦略セミナー」なるものに参加してきました。

講師はしぎはらひろ子さんといい、かなりすごい人らしいです。会場は広くはなかったのですが、信者かファンか、女子も男子もパリッと決めた人ばかりでした。(私以外は)
前日にヨーカドーで買ったパーカーとジーンズ、中はポロシャツ…完全アウェイ。先生も色々質問して歩くのですが「おっ、来た」「よし、こう答えよう」…はい、スルー。そうだよね。

まー、そんなことはどうでもいいのですが、私の理解ではこんなエッセンスでした。

・ビジネスで着る服は、似合う似合わないでなく、どう見てもらいたいかで決める
・服装によってスイッチが入る
・服が変わる→気持ちが変わる→振る舞いが変わる→人が変わる

なりたい自分があるなら、まず、服から変えろ! そうすりゃ自然とそうなれる、ってことみたい。

でもね、さすがに「そうかも」と思わせる内容でした。この人に直接服を選んでもらうプロデュースフィー30万円、さて、高いか安いか。なりたい自分になれるなら安いな…やってみたらまたご報告します。
興味のある人は こちらをどうぞ。しぎはらひろ子公式サイト

小さいことだけど動き続けるよう、なんとか頑張ってます、ではまた。

(9)へ続く