新しいキャリアを見つけたいミドル・シニアの 仕事・副業探しサイト【キャリア50】

お問い合わせ
   

新着情報 一覧

副業にも最適!50代会社員と講師活動が相性抜群な3つのワケ
2019
08/19

副業にも最適!50代会社員と講師活動が相性抜群な3つのワケ  »

今後の働き方を見つめ直すタイミングである50代。今までの経験を活かして、新しいキャリアを検討する方も少なくありません。そこでおすすめなのが「講師活動」です。専門的な知識を教えて人の力になれます。今回は50代会社員と講師業が相性抜群な理由を、3つピックアップしました。ぜひ参考にしてみてください。   副業にも最適!50代会社員と講師活動が相性抜群な3つのワケ 50代の会社員と講師活動の相性が良い理由は、次の3つです。 ・過去の経験やスキルを存分に発揮できる ・本業との相乗効果が期待できる ・キャリアの選択肢が増やせる可能性がある それぞれの内容を、わかりやすくご説明します。 過去の経験 […]


50代の幸せになるお金の法則|老後資金が足りないかも?と思ったときに50歳からできること
2019
08/13

50代の幸せになるお金の法則|老後資金が足りないかも?と思ったときに50歳からできること  »

これからのキャリアを考えている50代の方々にとって、老後資金のことは避けて通れない問題です。安心して暮らしていける家計の仕組みづくりを得意とするファイナンシャルプランナーの氏家祥美さんに「50代の幸せになるお金の法則」と題して老後資金について教えてもらいます。 前回はこちら>> 50代の幸せになるお金の法則|老後資金って、ほんとはいくら必要なの?   自分の人生を謳歌した20代、家族を守り育てる喜びを知った30代、住宅ローンや教育費の支払いを次々と乗り越えていく40代、……。はたと気がつくともう50歳、家族のため、目の前の課題をクリアすることに一生懸命で、老後資金の準備なんてまったく […]


50歳のキャリアの現状から考えるこれからの働き方の3つのポイント
2019
08/08

50歳のキャリアの現状から考えるこれからの働き方の3つのポイント  »

働き方が目まぐるしく変化する現代において、今後のキャリアについて悩む50代の方は少なくありません。将来を考え不安になるケースもあるはずです。そこで今回は「50歳のキャリアの現状から考える働き方の3つのポイント」をご紹介します。今後のキャリアの方向性を決める判断材料となるはずです。ぜひ参考にしてみてください。 50歳は「定年後も働き続ける」キャリアを希望している 50代~60代の人々は「定年後も働き続けたい」と考えている方が多いのが現状です。実際に「定年前の正社員の8割が定年後も働くことを希望している」といったデータも発表されています。明治安田生命総合研究所の「2018年50代・60代の働き方に […]


50代からが断然面白い!人生100歳時代と聞くと、正直気が重くなる人への処方箋【Vol.3】 チャレンジを阻む3つの壁①
2019
07/23

50代からが断然面白い!人生100歳時代と聞くと、正直気が重くなる人への処方箋【Vol.3】 チャレンジを阻む3つの壁①  »

50代からが断然面白い!人生100歳時代と聞くと、正直気が重くなる人への処方箋シリーズ3回目。 人生100歳時代と聞いて、心躍る人はなかなかに少ないのでは。 ということで、ここはそんなあなたのために、進行形のシニアライフ(この言葉もちょっとそそらないが)から見えてきた、あんなことこんなことを、ご紹介していきたい。   今回のお題は、「プレシニア、シニアのチャレンジを阻む三つ(あるいはそれ以上)の壁」 そう、壁!自分の将来を考えることは、実は年齢を重ねるほどに越えなければいけないハードル、悩みが増えてくるもの。何か(自分にとって)新しいことをしようかなと考え始めると、これまで数々の経験 […]


副業時代のパラレルキャリアの始め方|第三回 今なぜ副業・兼業が注目されているのか?(後編)
2019
07/25

副業時代のパラレルキャリアの始め方|第三回 今なぜ副業・兼業が注目されているのか?(後編)  »

ナレッジワーカーズインスティテュートの塚本です。 前回は政府の考えを簡単にご紹介してみました。 前回はこちら>> 副業時代のパラレルキャリアの始め方|第二回 今なぜ副業・兼業が注目されているのか?(前編) 今回はそのことも踏まえて、今働く人々に何が課題になっているのか社会的な側面から複業についてみてみたいと思います。   1.人生100年時代 第一回で、ドラッカーの話をしました。ナレッジワーカーは50年前に、パラレルキャリアは20年前に提唱された概念ですが、おそらく最近このことをより具体的に言い当てたのが、ロンドンビジネススクール教授のリンダ・グラットン氏の「LIFE SHIFT(ラ […]


副業には起業が近道かもしれない2つの理由
2019
08/07

副業には起業が近道かもしれない2つの理由  »

本業が会社員のサラリーマンが企業に雇われるかたちで副業を行う場合、労働時間の通算が大きな問題に。また、副業所得が年間20万円を超える場合は確定申告も必要となり、手間がかかってしまいます。その解決策のひとつが、起業や個人事業主として働くこと。今回はそのメリットを2つご紹介します! 理由その①:労働基準法が適用されないので思う存分働ける 本業・副業で企業に雇用される場合は労働基準法が適用され、全ての労働時間が通算されます。副業を行うと通算の労働時間が「1日8時間、週40時間」という法定労働時間を超える恐れが。そこで企業側は事前に「36協定」の締結や、割増賃金の支払いをする必要が出てきます。この手間 […]