50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ

老後

定年 = 引退ではない!50代から棚卸ししたい「キャリア」「人間関係」「お金」
2020
01/13

定年 = 引退ではない!50代から棚卸ししたい「キャリア」「人間関係」「お金」  »

日本経済新聞が2019年秋に実施した郵送世論調査によると、70歳以上まで働くつもりだと答えた人が60歳代の54%にのぼったそうです。18年秋に実施した前回の調査に比べて9ポイント増加しており、「人生100年時代」を迎え、就労意識が変わっていることが浮き彫りになりました。 これからの時代は好む好まないにかかわらず、「定年 = 引退」ではなくなると考えられます。定年後の生き方を考えるのは早ければ早いほど良いでしょう。今回は、50代から棚卸しすべき3つのことをご紹介します。 1. キャリアの棚卸し まずはキャリアの棚卸し。今の仕事は体力的に定年後は続けることが難しい人や、何か新しいことにチャレンジし […]


「何とかなる」が危ない!50代専業主婦が老後リスクを回避するためにできること
2019
12/24

「何とかなる」が危ない!50代専業主婦が老後リスクを回避するためにできること  »

老後資金2000万円問題が話題になったり、消費税率がアップしたりと、2019年は何かとお金について考える機会が多かった人もいるのではないでしょうか。 人生100年時代、少子高齢化社会に老後を迎える50代は、今の60代以上の人たちと同じような暮らしを送れるとは言い切れません。「確実」は存在しないので、考えられるリスクに今から備える必要があるのです。今回は、専業主婦にフォーカスして説明してきます。 専業主婦が抱える老後リスクって? 世間でどんなに老後資金について話題になろうが、自分たちは大丈夫だろうと他人事に思っている50代も実は結構多いかもしれません。夫の退職金や今までの貯金で何とかなるし、年金 […]


定年後に経験する可能性高し!「主人在宅ストレス症候群」
2019
09/19

定年後に経験する可能性高し!「主人在宅ストレス症候群」  »

「亭主元気で留守が良い」とはよく言ったものですが、実際のところ夫が仕事でほとんど家にいない生活に慣れている方も多いのではないでしょうか。そんな方にこそ考えてもらいたいのが、夫の定年退職後の生活。 ここでは、定年を迎えた夫を持つ方が経験することが多い「主人在宅ストレス症候群」についてご紹介します。 夫がいるだけで辛い!?主人在宅ストレス症候群とは   医学博士の黒川順夫氏がその著書で取り上げたことで注目を浴びた「主人在宅ストレス症候群」。 「夫が家にいるだけで憂鬱になる」など、夫が自宅にいるとストレスを感じる状態をいいます。よくあることとして流されがちですが、中には頭痛や吐き気など、心 […]