50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ

経営

【税理士が教える副業と税金】③会社にバレずに副業/複業するには?
2019
10/18

【税理士が教える副業と税金】③会社にバレずに副業/複業するには?  »

税理士のよしむらともこです。副業/複業と税金についても3回目になりました。 前回はこちら>>> 今回は、実は一番多いご質問です。『会社にバレないで副業/複業するには?』です。   先日開催した副業/複業のセミナーでも、参加者全員『会社にバレたくない』という方がほとんどでした。副業がバレてしまって、本業の会社に居づらくなってしまったら、ちょっとしゃれにならないですよね。今回は、最大限バレない方法をここでしっかりとお伝えしますね。   副業/複業がバレる流れ まず、なぜ副業/複業が会社にバレてしまうのか?ちょっと不思議ではないですか?会社とは全然違うところで働いていたのに、なん […]


【税理士が教える副業と税金】②副業の申告は雑所得か事業所得か
2019
10/04

【税理士が教える副業と税金】②副業の申告は雑所得か事業所得か  »

税理士のよしむらともこです。副業/複業と税金について、今回は2回目です。 副業の申告は、雑所得か事業所得か さて、前回は 「副業/複業は確定申告は必要か』でしたね。 前回はこちら>> 今回は、副業の確定申告をする前の最大のポイント、雑所得にするのか事業所得にするのかについてご説明しますね。よく、副業で『開業届出した方がいい?』とか『青色申告の方が有利ですよね?』などのご質問をいただきますが、ちょっと待ってください! 開業届や青色申告ってどちらも、副業を事業として行う『事業所得』に関することなんですね。副業で収入があるときの所得区分は、基本的には給与所得か雑所得か事業所得になります。 ※不動産や […]


【副業/複業と税金】①副業複業は確定申告は必要?
2019
09/20

【副業/複業と税金】①副業複業は確定申告は必要?  »

はじめまして。税理士のよしむらともこです。 2019年5月から都内で税理士事務所を経営しています。税理士一人だから顧問先の数は限られているけれど、自由度高め、フットワーク軽く、柔軟に、お客様に寄り添ったサービスの提供を大切にしています。 副業で自ら切り拓こうとする人をサポートしたい 副業をはじめるにあたって、お金の問題は切っても切り離せないところにあります。副業で新たな一歩をせっかく踏み出したのに、税金の申告でつまずいたり、税金から副業禁止の本業の会社にバレてしまったり。 そうなってしまっては、せっかく自分の人生をもっとよくしたいと思って副業をはじめたのに、元も子もないですよね。ですので、今回 […]


出す?出さない?「副業で開業届け」のメリット・デメリット
2019
06/13

出す?出さない?「副業で開業届け」のメリット・デメリット  »

副業を始めるとして、個人事業主になったことを申告する「開業届」は出したほうがいいのか。 今回はそんな疑問にお答えするために、開業届を出した場合のメリットとデメリットに ついて、副業を前提に解説します。 様々な控除や、費用を経費にできるのがメリット! 開業届と共に、所得税の青色申告承認申請書を提出していると年度末に青色確定申告ができるようになります。書類を作るのに複雑な知識が必要なことから、以前は税理士に頼まないと難しかったのですが、今は優秀な計算ソフトがあるため個人でも十分可能です。 青色申告を行うと、収入から65万円分の控除が受けられるため税金がお得になります。 更に、家族に払った給料が経費 […]


副業には起業が近道かもしれない2つの理由
2019
08/07

副業には起業が近道かもしれない2つの理由  »

本業が会社員のサラリーマンが企業に雇われるかたちで副業を行う場合、労働時間の通算が大きな問題に。また、副業所得が年間20万円を超える場合は確定申告も必要となり、手間がかかってしまいます。その解決策のひとつが、起業や個人事業主として働くこと。今回はそのメリットを2つご紹介します! 理由その①:労働基準法が適用されないので思う存分働ける 本業・副業で企業に雇用される場合は労働基準法が適用され、全ての労働時間が通算されます。副業を行うと通算の労働時間が「1日8時間、週40時間」という法定労働時間を超える恐れが。そこで企業側は事前に「36協定」の締結や、割増賃金の支払いをする必要が出てきます。この手間 […]