50代から見つけるキャリアと仕事。もっと自分らしい働き方

お問い合わせ

企業

調査データから読み解く「シニア就業・採用の実態」【求職者編】
2018
11/30

調査データから読み解く「シニア就業・採用の実態」【求職者編】  »

理由はさまざまですが、昨今ではシニア層において定年以降も働きたいという声が増えてきています。この実態について、株式会社リクルートジョブズの調査研究機関「ジョブズリサーチセンター」が全国の60歳~74歳の男女へ調査を行いました。 その結果によると、「何歳くらいまで働きたいか」について「70~74歳」と答えた人が40.2%と最も多かったそうです。また年齢があがるにつれて働きたい年齢も伸びる傾向にあり、現在から4、5年程度先まで働きたいと考えている人が多いという結果になっています。 希望については上記の通りですが、では就業と採用に関してはどうなのでしょうか。今回は求職者の目線から、調査結果について更 […]


「目的はイノベーション創出」コニカミノルタの副業解禁戦略【前編】
2018
11/19

「目的はイノベーション創出」コニカミノルタの副業解禁戦略【前編】  »

政府が、「働き方改革」のなかで副業・兼業の促進に力を入れていることもあり、国内企業による「副業解禁」の動きが広がりつつあります。2018年以降、スタートアップ企業だけでなく、大企業も副業を解禁するところが増加しています。 日本の電気機器メーカーであるコニカミノルタも2017年12月に「兼業・副業の解禁」および「ジョブ・リターン制度」を導入しました。140年の歴史を持ち、様々な困難を勝ち抜いてきた大企業がなぜ副業解禁に踏み切ったのでしょうか。前編の今回はコニカミノルタの副業解禁の背景についてご紹介します。 大企業であっても生き残るのが難しい時代 コニカミノルタのメイン事業である情報機器ビジネスは […]


副業社員がもたらすイノベーション!副業推進が社内改革に必要な理由
2019
09/03

副業社員がもたらすイノベーション!副業推進が社内改革に必要な理由  »

副業を容認または推進する企業が少しずつ増加している昨今ですが、ひと昔前は「二君に仕えるべからず」とでも言うかのように、副業禁止を規定に入れている起業がほとんどでした。しかし、今や大手ですらその限りではありません。 こうした動きが出てきたのは、当然副業を認めることで起業側にもメリットがあるという認識が広がってきたからです。企業における副業推進のメリットは何なのか、今回は企業のイノベーション創出の視点から副業推進を考えてみます。 グローバル化が進む現在、競争相手は日本国内だけでなく、外国、さらには異業種にも広がりつつあります。自社のあるべき姿を描き、経営側と従業員が一丸となって働き方や働く意識を変 […]


フルタイム正社員にこだわらないシニア世代のプロフェッショナル人材活用のメリット
2019
09/19

フルタイム正社員にこだわらないシニア世代のプロフェッショナル人材活用のメリット  »

人材不足が叫ばれる昨今、多くの企業で人材の確保が大きな課題となっています。優秀な人材の採用が難しくなってきているため、解決策のひとつとして「柔軟な働き方」を受け入れる企業が増えてきています。今回はフルタイムにこだわらない「柔軟な働き方」が、企業と働き手、双方にもたらすメリットをご紹介します。 企業側のメリット 企業側のメリットは2点あると考えられます。 1点目は優秀な人材の確保です。 さまざまな面で企業は生き残りをかけ、優秀な人材を求めていますが、需要に対して供給が追い付いていないのが実情です。ビジネス環境の進化のスピードは速く、求める条件にピッタリ合う人材の応募を気長に待つ時間はありません。 […]


副業・複業…進化するワーキングスタイル!時間・空間・企業に縛られない働き方
2018
11/15

副業・複業…進化するワーキングスタイル!時間・空間・企業に縛られない働き方  »

生産人口が減少していく日本が今後も成長していくためには、柔軟な働き方ができる環境を整備していく必要があります。副業・兼業を考える際に重要なキーワードとなる「時間、空間、企業に縛られない働き方」ですが、現状および今後の課題はどうなっているのでしょうか?労働政策審議会が発表した、働き方を取り巻く環境変化に関する報告書を基に、読み解いていきます。 テレワーク、副業の現状 まず、「労働者」の定義について見てみます。労働基準法が定める労働者とは「職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者(第9条)」。労働基準法上の労働者は労働関係法令等により「保護」されます。ここで注意したい […]


会社員の4割が「副業」に意欲的…でも「なんとなく不安」
2018
11/14

会社員の4割が「副業」に意欲的…でも「なんとなく不安」  »

フリーランス協会発表の「フリーランス白書2018」の調査によると、会社員を対象にした「今の働き方を良くするために考えていることは?」という質問に対して、41.8%の人が「副業」と回答しました。「転職」の31.8%より多く、副業に意欲的であることがわかります。 「副業、パラレルキャリア(複業)、フリーランス、起業の障壁は?」という質問では、安定性や成功、継続に対する漠然とした不安、収入への不安という回答が多くありました。副業・複業に興味はあるけれど不安もあるという現状が見て取れます。そこで今回は、会社員が副業をするメリット、副業に対する企業の考え方、そして副業にまつわる不安についてまとめてみまし […]


実務解説!副業社員の労働時間管理、健康確保、労災保険
2018
11/13

実務解説!副業社員の労働時間管理、健康確保、労災保険  »

厚生労働省は「柔軟な働き方に関する検討会」を開催し、副業・兼業の促進のための議論を行い、平成30年1月に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表しました。 政府も前向きに取り組んでいる「働き方改革」ですが、副業や複業を解禁することにより企業側はどのような義務を負う必要が出てくるのでしょうか?今回は、副業解禁により企業が副業社員に対して負う義務について、労働時間管理、健康確保、労災保険の視点から分かりやすく解説していきたいと思います。 副業社員の労働時間数や割増賃金の支払いはどのようになるの? ケース1:事業主Aと「所定労働時間4時間」、同一の日について事業主Bと「所定労働時間4時間」とい […]


先々の独立・企業を見据えて始める飲食・販売の副業バイト【飲食編】
2018
11/11

先々の独立・企業を見据えて始める飲食・販売の副業バイト【飲食編】  »

将来的な独立・開業を見据え、その準備として副業をしてみるという方法があります。開業費用に関する検索件数から、独立開業をめざしている人がどのような職種を考えているのかをランキング形式にしたサイトでは、6位にカフェ、11位にコンビニや喫茶店がランクインしています。現在、正社員として営業などで働いている方の中には、接客の経験を活かして、将来的に飲食店経営をしたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 どんなに接客に自信がある方でも、最初から飲食店を経営するのは、なかなか難しいもの。まずは、副業として飲食店で実際に働き、接客方法はもちろんのこと、需要がありそうな客層や顧客の嗜好について学ぶとい […]


先々の独立・企業を見据えて始める飲食・販売の副業バイト【販売編】
2018
11/12

先々の独立・企業を見据えて始める飲食・販売の副業バイト【販売編】  »

最近ではハンドメイドの商品を売るサイトなどが増えています。ものづくりが好きな方の中には、将来的に自分のお店を持ちたいと考えている方や、自分の好きなものやコンセプトに合ったものを販売するお店を経営したい、と考えている方もいらっしゃると思います。 実際にお店を経営するとなると、商品の企画から営業まで、自分でやらなくてはなりません。いきなり商品の販売を始めるのではなく、販売に副業として携わり、販売手法や企画の方法、店舗運営などを学ぶことをお勧めします。今回は副業可能な販売業にはどのような仕事があるのかについて見ていきます。 販売で募集している職種 販売では主に接客および販売スタッフを募集しています。 […]


NGワーク・税金・時間管理…初めての副業で押さえておきたい3大ポイント【後編】
2018
11/10

NGワーク・税金・時間管理…初めての副業で押さえておきたい3大ポイント【後編】  »

シリーズでご紹介している初めての副業で押さえておくべき3大ポイント、「副業としてのNGワーク」「確定申告」「時間管理」。最終回は「副業の時間管理のコツ」について見ていきます。「1日は24時間」という制限は決して変えることができません。複業・副業する時間を見つけ出し、本業と両立していくコツをご紹介します。 空き時間を見つける 電車通勤の方は車内で何をしていますか?オウチ―ノの2014年4月の調査では、第1位は寝る、第2位が何もしない(考え事をする、音楽を聴くも含む)だそう。通勤時間が1時間、年に240日勤務だと、往復にかかる時間は480時間です。この時間は副業として十分活用できるでしょう。 無駄 […]