新しいキャリアを見つけたいミドル・シニアの 仕事・副業探しサイト【キャリア50】

お問い合わせ
2019
06/16

写真愛好家へ!写真が売れるSelpy(セルピー)で50代のおためし副業の紹介


副業というと、開業するための煩雑な手順が必要なんじゃないか、特別なスキルがないとできないんじゃないか。そんなイメージをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

確かにそういった種類の副業もありますが、これからご紹介するのはお手持ちのスマホで簡単にできる、特に写真愛好家の方が自分の腕試しに使えるのでは?と思うサービスを使っての副業を紹介します。

カメラのレンズをのぞいている男性

趣味で撮った写真がお金になるサービスSelpy

2017年から始まった「Selpy」(セルピー)というサービスをご存知でしょうか。株式会社Selpyが運営するこのサービス。企業からのリクエストに沿った写真を撮って送ることで、それを買い取ってもらうことができるというものです。

写真そのものの相場は5円~10円と雀の涙程度で少額ですが、インスタグラムなどのSNSで写真をシェアすることで50円~150円ほどの報酬を得ることができるしくみになっているのです。

特徴の一つとしては、写真は企業のリクエストに沿ったものが必要ということです。出品する際はリクエストに合う写真を用意するので、趣味の写真で副業したいと考えているミドルシニア世代の方々にとって、クライアント(企業)の条件に合う写真を撮影するという、趣味ではなく仕事という意識を持ち「自分の実力を試す場」として使うこともできます。

しかも、スマホで撮影した写真でOKなので、気軽に始められそうですよね。今のスマホのカメラは、デジイチ派(デジタル一眼レフカメラ)の方も満足するくらいに性能が良くなっているので、腕試しになりそう。

また、SNSでシェアをすると追加の報酬があるのも面白い仕組みです。それには、自分のアカウントに一定数フォロワーがいたほうが良さそうですが、普段からSNSを使っていてフォロワーが多い人にとってはより高い報酬をゲットできる可能性があります。

あくまでおためし副業という点に注意

そうは言っても単価が低めなので、ガッツリ稼ぐのは難しいです。また、売上金を受け取るためには一定額を満たしていることと、振込手数料がかかるという条件があるので注意が必要です。

とはいえ、スマホとネット環境さえあれば挑戦できるので実質的な初期投資はゼロ。これを機にインスタグラムやツイッターでの活動を活発化することで、趣味が実益になる可能性が高まるかも。

写真好き、写真撮影にこだわりがあるなどの愛好家が集まっているので、ギャラリーの写真がとても参考になるという声もあります。それに、自分が撮影した写真を買ってもらえるというのは嬉しいものです。まずは楽しみながら稼げるかも?くらいの気持ちで始めてみるのもよいのではないでしょうか。